水谷陽子

 社会が前向きに動くときはいつも、困っている誰かが声を上げるところから始まります。そこに困っている人がいるんだと知られ、一緒に現状を変えていこうという人々がつながって、時には挫折したりしながらも、少しずつ社会は変わっていきます。そして、そんな時にいつも支えてくれるのが憲法です。憲法は、誰に対しても、1人ひとりが大事にされること、「困ってる」と言えること、人と人とがつながりあえることを約束しています。遠いようで身近な憲法のこと、ぜひ知ってみてください。