2014年12月31日水曜日

あすわか的行く年来る年

昨年末に秘密保護法が成立し、これから日本はどうなっていくんだろう…という中ではじまった2014年も今日で終わりですね。みなさんにとってどんな1年でしたか?
年末のテレビでは、この一年を振り返る番組をたくさんやっていますよね。そこで、1年の締めくくりに、2014年を憲法的に&あすわか的にふりかえってみたいと思います。

立憲主義を無視するような言動の多い安倍首相に対し、憲法を勉強していただこう…!ということで、2月14日のバレンタインデーには、法学部生であれば誰もが手に取る教科書、故・芦部信喜教授の「憲法」とチョコレートをプレゼントしました
ちなみに、ホワイトデーのお返しはいただいていません(笑)
それでも、来年も何かやりましょうかね・・・。

「だめよーだめだめ」「集団的自衛権」が流行語大賞に選ばれたとおり、今年は集団的自衛権が大問題となりました。
あすわかは、2月末にリーフレット「2分でわかる 集団的自衛権ほぼAtoZ」を発売し、これまでに約25万枚を配布しました。
4月頃に、自民党の高村副総裁が突然、集団的自衛権の「限定容認」ということを言い始めました。この流れの中で、5月15日には安保法制懇の報告書が提出され、現在の憲法9条のもとでも、6要件を満たせば集団的自衛権を行使することができるということにすべき、とされました。あすわかは、安保法制懇の報告書が提出されたという報道が出てから約1時間で、報告書の6要件を赤ペンでチェックしたチラシ「あすわか先生がチェック!安保法制懇の報告書」を公表して、みなさんに拡散していただきましたね。
7月1日、政府は、憲法9条の政府解釈を変更し、集団的自衛権を認める閣議決定をしました。結局、閣議決定はされてしまいましたが、官邸前をはじめとして全国で集団的自衛権の容認に反対する声が大きく上げられました。あすわかも、「解釈改憲?ハァ?なにその反則技。私たちは立憲主義も民主主義も手放すつもりはありませんよ声明」という(自分で言うのも何ですが)ぶっとんだ声明を出して、強く抗議しました。
来年の通常国会では、集団的自衛権を実際に使えるようにするための法律の整備が待っていますし(「安保関連法」と言われているヤツです)、日米ガイドラインの改定も予定されています。現在、あすわかは「今さら人に聞けない集団的自衛権」シリーズを連載中ですので、ぜひ引き続きご注目ください。

今年は、秘密保護法の施行へ着々と準備が進められた年でもありました。
あすわかは、6月5日に「これでわかった!超訳 特定秘密保護法」(岩波書店)を出版し、発売後10日で3版がかかるという好評をいただきました。発売日の6月5日には、たくさんの方にご参加いただいて出版記念パーティーを開催し、その模様が6月8日の朝日新聞・天声人語で取り上げられました。
8月には秘密保護法の施行令や運用基準に対するパブリックコメントが募集され、あすわかもパブリックコメントを出しましたね。
10月末には、秘密保護法の施行を前に、「秘密保護法と集団的自衛権 混ぜるともっとキケン」というチラシを公表し、各地で配っていただきました。このチラシは、衆議院法務委員会の質疑でも使っていただき、国会デビューを果たしました
施行直前には、ブログで「今さら人に聞ケナイ特定秘密保護法」の連載も行いました。
12月10日、特定秘密保護法は施行されてしまいました。あすわかも施行に抗議する声明を出しましたし、引き続きこの法律の廃止を求めていきますが、それとともに、この法律のもとでも私たちは民主主義を手放さないよ、という声を上げていきます。

マスコミに対する報道規制かのような事件も多くありましたね。
3月、あすわか会員も登場した女性誌VERY3月号の憲法特集に対して、内閣広報室が「(秘密保護法の特集をするなら)うちも取材してくれませんか」と事前に働きかけたことがわかり、とっても怖い思いをしました
朝日新聞に対する政府を挙げた大バッシングも忘れてはいけませんし、12月の衆議院選挙前には自民党がマスコミ各社に対して「公正な報道を求める」文書を配布して問題になりましたよね。
この、政府・与党が中心となったマスコミに対する抑制の動きは、来年以降、ますます強まっていくような気がします。秘密保護法による取材の萎縮も絡んで、とても心配です。

セクハラヤジも、両性の平等を定めた憲法24条や、個人の尊重を定めた憲法13条などと深く関連する問題です。「女性の活躍」をかかげる安倍政権が本当の意味で女性を尊重しているのか、来年も注意しないといけませんね。

そして1年の最後、12月14日には衆議院総選挙が行われ、自公が引き続き政権に就くことになりました。あすわかは、政党や小選挙区の候補者に公開質問状を送り、集団的自衛権や秘密保護法などについてどういう意見を持っているのかアンケートをとって公開しました。
選挙前には、菅官房長官が集団的自衛権は争点ではないと言っていましたが、選挙が終わるとすぐに安倍首相は「集団的自衛権も含めた選択だ」と言って、集団的自衛権を使えるようにするための法律の整備に動いています。

……と振り返ると、2014年は憲法的にもあすわか的にも、ひっじょーーーーに激動の1年でした。あすわか会員が全国で行っている憲法カフェも、数えられる範囲で500回を超えました。
1年の最後に、あすわかの活動が「平和・協同ジャーナリスト基金賞 奨励賞」をいただけたことは、こういった活動を評価していただいてのこと、とても嬉しいことでした。

来年は憲法的にどんな1年になるでしょうか?なんだか来年も憲法問題が山盛りのような気がしますが、そんなことにはめげずに、2015年も、あすわかは楽しく、わかりやすく発信していきます。

良いお年を!

2014年12月28日日曜日

その「秘密」、秘密にして大丈夫?

【その「秘密」、秘密にして大丈夫?】

12月10日に施行された特定秘密保護法に基づいて、早速「特定秘密」が指定されていますね。
<毎日新聞:特定秘密10省庁385件指定>
http://sp.mainichi.jp/select/news/20141227k0000m010136000c.html
<朝日新聞:特定秘密370件を指定 保護法施行で10機関>
http://www.asahi.com/articles/ASGDV5TBJGDVUTFK00T.html
<警察庁と海上保安庁 特定秘密に30件余>
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141226/k10014323151000.html

防衛省は、これまで管理してきた防衛秘密にかかる4万5000の文書等を自動的に秘密に指定したとのことです。
こうしてどんどん秘密が増えてく訳ですが、どれもこれも本当に秘密にしなくちゃいけない情報なのか、きちんと判断されているのでしょうか。

特定秘密に指定できる情報は、
・防衛、外交、スパイやテロ防止に関する
・公にされていない情報で
・それが漏れると日本の安全保障に著しい支障を与えるおそれがあるので特に秘密にする必要があるもの
という、よく分からない情報。

何が秘密か、それも秘密。
指定の適正さを検証することはできません。

あすわかKYOTOで実施したシール投票で、賛成の方から、
「総理大臣が国のために決めるんだから正しい」
という声がありました。

民主主義の国において、国の在り方を決めるのは国民です。
でも、民主主義の国「日本」でありながら、
世論の大反対を押し切って、特定秘密保護法を強行採決したり、
世論の大反対を押し切って、憲法の読み方を閣議決定で変えたり、
主権者の声を全力で無視する政府の側にいる人達の判断を、
「国のために決めてくれてる」って、
全面的に信用して大丈夫なのでしょうか。
国民不在の「国のため」って、本当に「国のため」なのでしょうか。

反対の方からは、
「国が都合の悪いことを隠すかもしれない」
「行政の恣意的な運用が心配」
という声がありました。

分からないと答えた方からも、
「行政の運用次第でプラスにもマイナスにもなる」
「秘密保護の制度として必要だが、指定の適切さが課題」
など、慎重な運用を求める声がありました。

<京都新聞:京の弁護士ら街頭で市民シール投票>
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20141126000138

私たち主権者を政治から遠ざける法律が動き出しました。
情報公開請求なんかを検討しないといけませんね。

ところで、このシール投票でも大活躍してくれたのですが、
あすわかKYOTOでは、あすわかイラストでお馴染みの大島史子さんにご協力いただき、イメージキャラクターをデザインしていただきました!

しかし、名前がまだ無い!

という訳で、名付け親を募集します♪
コメント欄に書き込むもヨシ、あるいは、あすわかKYOTOメール(asuwaka.kyoto.2014@gmail.com)に送信するもヨシですので、是非ともアイデアお寄せください♪
会員だけで悩んでいても、良い名前が浮かばないのです・・・
ちなみに、足元にチョコっと座っているネコの名前も募集中です♪

よろしくお願いします!



2014年12月24日水曜日

今さら人に聞けない集団的自衛権<「積極的平和主義」って平和主義なの?>

 安倍首相は、国会や国連総会での演説などでしょっちゅう「積極的平和主義」というコトバを強調しています。
 

「積極的平和主義」の具体的メニューが全体的によくわかる資料があります。
 それは、自民党が2012年7月に発表した「国家安全保障基本法案」。
 集団的自衛権を認めることも、秘密保護法を作ることも、ここのメニューの一つになっています。
 また、当時は野党だったからか、かなりイケイケドンドン?な内容です。
 
 総論的なところを見てみると、「安全保障の目的」は、「あらゆる脅威」に対処して、国の独立と平和を守るだけじゃなく「国益」を確保すること!(第2条)だそうです。
 「あらゆる脅威」ってのは、直接の軍事攻撃に限られないし、「国益」ってのは、国境を越えた利益(海外に進出している日系企業や資産など)というものも含め...るようです。

 あれれっ? 集団的自衛権って国民の平和や命を守るためのに行なう「必要最小限の自衛」のための措置だって言ってましたけど、積極的平和主義っていうのは、あまり「控えめ」な感じがしません
 直接の軍事攻撃以外の「脅威」にもドンドン対処するし、海外にある利益を守るためにもセッキョクテキに外へ出かけて行くよってことなんですかね~。

 また、「国は、教育、科学技術、建設、運輸、通信その他内政の各分野において、安全保障上必要な配慮を払わなければならない」(第3条)と言っています。
 ナンダカ、国の政治は何においても「安全保障(=軍事)を優先」にしなさい、ということのように聞こえてしまうのは気のせいでしょうか?

 ところで、日本国憲法の平和主義は、「消極的」なのでしょうか
 いえいえ、単に「戦争しません」と言うだけ番長なのではなく、「戦力を持たない」ことはもちろん、そもそも戦争の原因となる「恐怖と欠乏」をなくさなきゃいけないね~みたいなことまで考えているので、ある意味セッキョクテキに平和を追求しているとも言われています。
 しかし、安倍内閣のいう「積極的平和主義」とは、何に対してセッキョクテキなのかが全く違うように思えますが、いかがでしょうか?

*:..。o○゚・*:.。..。.:*・゚○o。..:**:..。o○゚・*:.。..。.:*・゚○o。..:**:..。o○

今さら人に聞けない集団的自衛権シリーズ
<集団的自衛権権とは?>
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/11/blog-post_32.html
<シリアやパレスチナでの武力行使に参加するってこと>
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/11/blog-post_30.html
<解釈改憲という禁じ手>
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/12/blog-post_2.html
<「米艦の邦人輸送」の事例がイタイほど空想なワケ>
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/12/blog-post_52.html
<地理的限定ってほんと?>

2014年12月22日月曜日

今さら人に聞けない集団的自衛権<地理的限定ってほんと?>

集団的自衛権を認めるといっても、あくまでも「限定的」ですっ!
という説明がさんざんなされていて、
自衛隊が出動するのはいかにも日本近海だけかのようなイメージを持っている方も少なくないかもしれません。

今日、こんなニュースが流れました。
「集団的自衛権 安保法制に地理的制約なし 政府方針 ホルムズ掃海を視野」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141222-00000052-san-pol …(産経新聞)
「限定的に」といっても、日本近海に限られるわけでは全然ない(=地球の裏側もありうる)、というわけですね。

実は、7月1日の閣議決定では、「集団的自衛権といっても日本の近くでだけねー」なんて、一切書かれていません。

書かれていないだけではありません。
「脅威が世界のどの地域において発生しても、我が国の安全保障に直接的な影響を及ぼし得る状況になっている」
という一文があり、地球上のどこで発生した紛争であっても日本が集団的自衛権を行使できるという内容になっています。

閣議決定は、むしろ「地理的限定なんてないよ」という内容になっているんです。

今年の春頃、自民党の高村副総裁は、
「日本近海でアメリカの軍艦が攻撃を受けているのに日本が助けなかったら、アメリカは日本有事の際に日本を助けることに意義を見出さないだろう」
と言って、集団的自衛権の限定容認を主張していました。
それから1年もたたないうちに地理的限定なしの法改正が進んでいるわけです。
どんなに「限定的」と言っていても、いったん認めたら際限なく広がっていくことのあらわれにしか見えませんね。

*:..。o○゚・*:.。..。.:*・゚○o。..:**:..。o○゚・*:.。..。.:*・゚○o。..:**:..。o○

今さら人に聞けない集団的自衛権シリーズ
<集団的自衛権権とは?>
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/11/blog-post_32.html
<シリアやパレスチナでの武力行使に参加するってこと>
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/11/blog-post_30.html
<解釈改憲という禁じ手>
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/12/blog-post_2.html
<「米艦の邦人輸送」の事例がイタイほど空想なワケ>
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/12/blog-post_52.html

2014年12月21日日曜日

今さら人に聞けない集団的自衛権<「米艦の邦人輸送」の事例がイタイほど空想なワケ>


安倍首相は、通常国会で安保関連法の成立をめざすと言ったり日米ガイドラインの改訂をすすめると言ったり、
集団的自衛権を行使できるように法律を整えようとしています。
こんな状況だからこそ、集団的自衛権とはどういうものか、どんな問題があるのか、確認しておく必要がありますね。

安倍首相が事あるごとに、「だから集団的自衛権は必要なんだ」と言っている事例があります。

「近隣諸国で紛争が起こって、逃れようとする邦人を輸送する
米国の船が襲われたとき、その船を守れなくていいのか」...

5月15日に安倍首相が記者会見したときに、大きなパネルを使って説明していたのを覚えている方も多いんじゃないでしょうか。
このパネルです(リンク先はPDF)。
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/05/15/20140515_kaiken_panel.pdf

でも、この事例、ほんとうに現実的なものなんでしょうか?

① そもそも戦争になってる段階で日本の民間人が大量に朝鮮半島に残っている、という想定自体がありえない。
外交が決裂し、国と国との関係が悪化し、戦争に発展しそうになったとき。
国は、自国民の命を守るために、情勢が悪化し始めた段階で渡航制限や帰国を促したりします。
海外旅行に行く前に、外務省のHPで確認することもありますよね
なので、朝鮮半島で実際に戦争が勃発した時点で、日本の民間人が(しかもパネルの絵にあるような子どもたちが)残っている、
という想定自体が、実はけっこう非現実的です。

② 戦闘機が飛び交う海を渡らせる?
それでも現地に残っている邦人はいるでしょう。
しかし、まずは戦況が落ち着くまでは身の安全を確保していてもらう、というのが軍事的に常識です。
戦闘機が飛び交い、いつ撃沈されるか分からない中で戦火をかいくぐって船に乗せ、海を渡らせることなどするわけがありません。
軍事的に、非常識です。

③ ついでにいうと、臨戦状態の軍艦には武器・兵器が詰め込まれています。
民間人が乗るスペースはありません。

④ 米艦は邦人輸送を事実上しない、と事実上宣言されています。
報道もされましたが、日米の「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)に基づく周辺事態法を作る際、
アメリカ側の強い意向で、避難する日本人を米軍が運ぶ「非戦闘員救出作戦」(NEO)は拒否されたのです。

それもそのはずで、米軍は海外の自国民らを救出・保護する際のルールを
自分で決めています。
そこにはハッキリと国籍による4段階の優先順位があります。

 第1順位 米国のパスポートを持つ者(米国籍)
 第2順位 米国の永住許可証(グリーンカード)を持つ者
 第3順位 英・加・豪・ニュージーランド国民
 第4順位 その他

日本は「その他」、順序としては最後なのです。
韓国に居住している米民間人は14万人いますから、戦争になるまでに減っているとはいえ、日本人が実際に運んでもらえる日が来るまでには戦争終わってるんじゃないか、というほど、事実上、「米軍は日本人を輸送しない」のです。

このように、安倍首相が説明する「米艦の邦人輸送」の例はとっても非現実的です。
こんな非現実的な例で集団的自衛権の行使を(憲法も変えずに)できるようにするなど、
あっていいんでしょうか?

*:..。o○゚・*:.。..。.:*・゚○o。..:**:..。o○゚・*:.。..。.:*・゚○o。..:**:..。o○

今さら人に聞けない集団的自衛権シリーズ
<集団的自衛権権とは?>
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/11/blog-post_32.html
<シリアやパレスチナでの武力行使に参加するってこと>
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/11/blog-post_30.html
<解釈改憲という禁じ手>
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/12/blog-post_2.html

憲法カフェ@群馬県伊勢崎市



群馬県伊勢崎市で、あすわかのイケメン代表(?)倉持弁護士が講師を務める憲法カフェが開催されます。
以下、主催者さんからのお知らせを貼り付けます。

*+:。.。 。.。:+**+:。.。 。.。:+**+:。.。 。.。:+*...

『ドキッ!女だらけの憲法学習会』(男も可)
~若手イケメン弁護士を囲んでのざっくばらんな憲法カフェ~

ニュースでさんざん話題になってる憲法や集団的自衛権。
だけど、いまいちピンとこないですよね。なにしろ言葉が難しい!
「今さら聞けないけど、憲法ってなあに?」
「集団的自衛権と戦争って関係あるの?」
などなどの疑問を、わかりやすい解説で若手イケメン弁護士の先生が解説してくれます♪
美味しいコーヒーを飲みながら、イケメン弁護士とざっくばらんに憲法トークしませんか?
懇親会では、無料法律相談も受け付けま~す♡
ぜひぜひ、ご参加下さいませ。

『ドキッ!女だらけの憲法学習会』(男も可)
~若手イケメン弁護士を囲んでのざっくばらんな憲法カフェ~

弁護士:倉持麟太郎(明日の自由を守る若手弁護士の会)
司 会:かがや富士子
日 時:1月17日(土)14:00~
会 費:500円 学生300円 コーヒー付
場 所:m’s café  伊勢崎市中央町24-16 プラザYAM1F
    西側アイオー信金さんの駐車場にも車がとめられます。
    お子様連れもOKです☆

2014年12月17日水曜日

★平和・協同ジャーナリスト基金賞授賞式のご報告

 14日の衆議院選挙の結果を見て、結果よりも52%という投票率の低さにビックリしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。民主主義を守ることが目的の一つであるあすわかとしては、ユユシキ事態だと思っているわけです。

 自分の事だったら、自分で決めますよね。自分は将来どうなりたいとか、そのために、今、何の勉強をしようとか、今度どこに旅行に行こうとか。さすがにそこを他人任せにする人は、あまりいないと思うのですが、でも、選挙もそれと同じことです。自分の運命を左右することですから。自分たちで、自分たちのことを決めるということです。ところが、投票率52%ということは、「半分流されて生きていきますー、本当は嫌だけどー」ってことですよね。その結果、自分に嫌な影響が出ても、自分のせいじゃないし、というわけでしょうか。自分で決めるチャンスがあるのですから、自分で決めて、覚悟も決めて選びとっていきたいですよね。世界の中には、選挙権が普通にはない国もあるわけですから。

 そして、残りの48%の5000万人くらいの人が投票してくれたら、自民党の憲法改正草案もお蔵入りになっていたのではないかと思うと…。まあ、そうは問屋が下ろしてくださるはずもなく。あすわかが設立されてから約2年、砂漠に水をまくような取り組みをやってきたわけです。そんな中、まだまだ頑張ろうと思える賞をいただきましたので、そのご報告をさせていただきます。

 受賞したのは「平和・協同ジャーナリスト基金」の「奨励賞」です。この基金は、市民の寄付で成り立っていて、「平和」と「協同」に関する優れた作品を発表したり、業績を残したジャーナリストを表彰したりしていて、「平和と協同のための日本版ピューリツァ賞」なんだそうです。なんか凄そうです。

 あすわかが受賞したのは、「これでわかった!超訳特定秘密保護法」の出版が、特定秘密保護法の危険な内容を広く伝える格好の手段となるということと、自民党の憲法改正草案の内容と危険性を広く知らせ、立憲主義と民主主義を守ることを目的として、SNSや憲法カフェなどで、憲法に関する情報を広く、わかりやすく伝える活動をしていることが、高く評価されたからだそうです。

 今回は20周年記念ということで、沖縄の二つの新聞社の米軍基地関連の特集が大賞に輝いていますし、他の奨励賞4点も、原発問題や米軍基地問題を追ったものが受賞しています。あすわかと似たような活動をしてきた方々がおられて、そういう方々とつながることができたのは、これからの活動に広がりが出てくるのではないかと期待しています。

 ますます市民の皆さんに憲法の素敵さを知っていただく必要性が高まってきましたが、早田事務局長の受賞スピーチでは、まだまだ「めんどくさいやつであり続ける」という熱い気持ちが語られました。
 自民党は、2年後の参議院選挙か、その次の衆議院選挙で憲法改正の国民投票にかけようとしてくるでしょう。そのときに国民投票でNOという国民が過半数を超えるように、もっといろんな方々と繋がっていきたいと思います。
 ご自身の地域でも憲法カフェをやりたいという方、あすわかの出版物が欲しいという方がいらっしゃいましたら、下記をご参考にしていただき、ご連絡下さい。

★出版物は、有料になります。
出版物については、こちらにまとめてありますので、ご覧ください。
https://www.facebook.com/asunojiyuu/posts/735147456520449

★憲法カフェはこちらまでメールをいただければ、講師の手配をさせていただきます。
なお、時期、地域によっては、調整に時間を要する場合があります。
交通費、講師料についてはご相談ください。
peaceloving.lawyer@gmail.com

2014年12月16日火曜日

12月18日 憲法カフェin鎌倉 のお知らせ

クリスマスシーズンらしい素敵な企画のご案内です(*´∇`*)


★クリスマス特別トークイベント★
      賢く美しく私らしく♪


3人の美人講師から、
『知憲』や
『女性ホルモン』
と、いったホットな話題から
『英語で歌うクリスマスソング』など、
 知ってると生活がちょっと変わる知識やコツを学んでみませんか?


日時》12月18日(木)            13:30~15:30
場所》 PePe ENGLISH SALON           (鎌倉駅徒歩6分)
http://s.ameblo.jp/kamakura-babyenglishpepe/entry-11895753068.html
費用》2800円
   プチスイーツ、  アロマクラフトのおみやげ付


★各トークテーマ&講師紹介★


~知憲で読みとく子どもの未来~
 講師:太田啓子弁護士
(明日の自由を守る若手弁護士の会所属)
ファッション誌『VERY』2014年3月号のお母さんこそ改憲の前に知憲!という座談会記事をはじめ『LEE』『AREA』などに登場しています。憲法や特定秘密保護法、集団的自衛権などについて、わかりやすい解説で大人気!2児のママ。


~女性ホルモンを整えて、こころもからだも美しく~
講師:宮地一美セラピスト
鎌倉を中心にアロマセラピーインストラクターとして活躍中。安心安全なケアで、今年もがんばった自分を癒しましょう。3人のママ。


~笑顔のHappyEnglish~
 講師:舩山直子先生
わくわくするクリスマスソングをみんなで歌いましょう!楽しい絵本の読み聞かせもあります。家でも歌えばクリスマスがますます盛り上がりますね♪
参加申し込み・お問い合わせ》
むこうやま(maicho61@gmail.com)までご連絡くださいませ♪
お子さま連れ大歓迎です。

2014年12月15日月曜日

来月から国会で集団的自衛権の議論が始まります

衆議院議員総選挙が終わりましたね。
みなさんは投票に行かれましたか?(行きましたよね?)


自民公明が衆議院の3分の2を維持し、従前と同じような方向で政治が進んでいくのではないかと予想されます。


安倍首相は、この選挙結果を受けて
「集団的自衛権を行使できるようにする安全保障法制についても「次の通常国会で関連法案を成立させたい」と明言した」
と報道されていますね。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014121590070223.html(東京新聞)


また、安倍首相は集団的自衛権について「それを加味した上での選挙」と述べたという報道もあります。
https://twitter.com/47news/status/544128196472344577(共同通信)


……あれ?
選挙前に、菅官房長官は
集団的自衛権行使の容認は「選挙の争点ではない」
とおっしゃってましたよね?
(あすわかでも記事にしました→http://www.asuno-jiyuu.com/2014/11/by.html)
選挙前と言ってること、違いませんか?
なんだかだまし討ちのようですね?


それはさておき、首相がこれだけ闘志を燃やしているということは、
来年1月(もう2週間あまりで来年ですね!)から始まる通常国会で、
集団的自衛権を行使できるようにするための法律を作る議論が始まるということです。


今年7月1日の閣議決定で、現在の憲法9条のもとでも集団的自衛権を行使できると、内閣が憲法解釈を変更しました。
でも、これだけでは自衛隊が出動するための手続などが決まっていないので、
明日からすぐに集団的自衛権として武力行使しますよ、というわけにはいきません。
法律をつくる、又は変えるということが必要になります。


今年5月の安保法制懇の報告書によれば、改正が必要になる法律は、
・自衛隊法
・武力攻撃事態対処法
・周辺事態安全確保法
・周辺事態に際して実施する船舶検査活動に関する法律
・武力攻撃事態における捕虜等の取扱いに関する法律
・PKO法
などなど。
……いっぱいありますね。。。


でも、これらをどんなふうに改正するのか、まだその全体像すら示されていません。
10月の時点で、これらの法律は「説明できる段階に至っていない」とされていました(10月9日東京新聞2面)。
今どうなっているのかまったくわからないような段階で行われた選挙なんですね。
それで信任されたの…?と言いたくなりますが。


しかも、新しく法律をつくるわけではなく、すでにある法律を「改正する」ということなので、
とーーーーってもわかりづらい!
でも、日本がこれまでやらないできた「集団的自衛権」という劇薬を、どんな状況・どんな手続きで使えるようにするかという法律です。
見逃すわけにはいきませんね。


あすわかとしても、議論の状況をしっかり見て、お伝えしていきたいと思います!

2014年12月13日土曜日

不断の努力 たとえば 監視した結果を反映させる

選挙ですねぇ~


私は今日、事務所で業務をしていたのですが、
事務所のそばの大きな道を選挙カーが幾台も走るので
どうしても選挙のことが気になってしまいます。
書面を作らなきゃいけないんですが・・・


さて
あすわかでは、「不断の努力」を推奨しています!ってか憲法上の要請なので当たり前なんですが


「不断の努力」って何するの? ってよく聞かれます


たとえば、
日常的な監視ですよ!
ってお答えしても


監視してどうするの? って聞かれます。


そう! 監視するだけでは足りないのです
監視し、それを反映させないと。


反映させる方法には、いろいろありますが、選挙はその一つでしょうね
憲法は、不断の努力をしてね、とお願いをしながら、ちゃんとその実現方法も保障しているのです
選挙は権利ですからね!


で、
日常的な監視を選挙に反映させるってどういうことか
それは、
たとえば、これです


http://www.tokyo-np.co.jp/feature/himitsuhogo/20131214.pdf
東京新聞さんです


秘密保護法で、どの議員さんがどんな対応をしたのか、が分かります


たとえば、
「私は秘密保護法に●●だ、だから秘密保護法に●●した議員には投票しない」
という判断は多いにありですよね。

衆院選候補者への公開質問状 集計結果㉚


滋賀1区~4区

 
(選挙ギリギリになりましたが)
  先日ご案内したとおり、「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、立候補者へ公開質問状を送付しました。いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を決める際の参考にして頂ければ幸いです。

  公開質問状の質問は以下のとおりです。

 

質問1.集団的自衛権の行使容認に  

   賛成・反対・どちらともいえない

  その理由は、

 

  質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 

   賛成・反対・どちらともいえない

  その理由は、

 

  質問3.自民党の2012年改憲草案に  

   賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない

  その理由は、

 

  質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  

   賛成・反対・どちらともいえない

  その理由は

 

 現在、回答がどんどん返ってきています。

  多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、五月雨式に公表して行く予定です。第9弾は、冒頭に書いたとおり、滋賀1~4区です。

  ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを貼っていただくようお願いいたします。

 

 * 発送したものの回答が寄せられなかったものについては「未回答」と記載しているか、空欄となっています。

 

 * 返信があったものの「回答しない」という返事があったものについては「回答しないとの回答あり」、と記載しています。

 

 * 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。

 

 * 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。





2014年12月11日木曜日

衆院選候補者への公開質問状 集計結果㉙ 愛知6,9,10区



 「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、
立候補者へ公開質問状を送付しました。
いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を決める
際の参考にして頂ければ幸いです。




 公開質問状の質問は以下のとおりです。




質問1.集団的自衛権の行使容認に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




質問3.自民党の2012年改憲草案に  
   賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない
   その理由は、




質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  
   賛成・反対・どちらともいえない
   その理由は



現在、回答がどんどん返ってきています。
多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、
五月雨式に公表して行く予定です。
第29弾は、愛知の6,9,10区です。




ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを
貼っていただくようお願いいたします。




* 発送したものの回答が寄せられなかったものについては
「未回答」と記載しているか、空欄となっています。




* 返信があったものの「回答しない」という返事があったもの
については「回答しないとの回答あり」、と記載しています。




* 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者
全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。




* 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。


愛知6区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542911268433063937


愛知9区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542911645425475587


愛知10区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542911722600660992

12月13日 選挙直前の秘密保護法イベント@徳島 のお知らせ☆



 選挙戦最終盤の12月13日、地元新聞に秘密保護法の廃止を
求める全面意見広告が掲載されるほど盛り上がっている徳島に、
武井由起子弁護士が参上!火に油を注ぐように(?)徳島の皆さま
と秘密保護法トークしちゃいますよq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p




 徳島にお住まいの方のみならず、近県の方、「めんどくさいヤツ」
であり続ける決意を再確認してから、選挙にいきませんか!




*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:



 【徳島】12月3日(土)秘密保護法廃止をめざす集会
  「秘密保護法は、いらん!」





日時: 12月13日(土)14時~16時30分




場所: アスティとくしま3階 第1特別会議室
    (JR徳島駅からバスで約15分)




<内容>
 寸劇「とってもコワ~イ秘密保護法」の新作DVD上映
 朗読「戦争のつくりかた」
 講演「今、わたしたちにできること」
    武井由起子弁護士(明日の自由を守る若手弁護士の会)
    
 トーク「そして、知らないうちに戦争に」
    石躍ゆかり氏(劇団阿波っ子団長)
    岸積氏(秘密保護法廃止をめざす徳島大集会代表呼びかけ人・
      元新聞社論説委員長)
    武井由起子弁護士(上記参照)




参加無料、予約不要




主催 秘密保護法廃止をめざす徳島大集会実行委員会




問合せ 秘密保護法廃止をめざす徳島大集会実行委員会事務局
    徳島市中洲町1-35-1 上地法律事務所内
    電 話 088-626-9826
    FAX 088-626-9827

衆院選候補者への公開質問状 集計結果㉘ 鹿児島1~5区



 「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、
立候補者へ公開質問状を送付しました。
いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を決める
際の参考にして頂ければ幸いです。


 公開質問状の質問は以下のとおりです。




質問1.集団的自衛権の行使容認に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問3.自民党の2012年改憲草案に  
   賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は




 現在、回答がどんどん返ってきています。
 多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、
五月雨式に公表して行く予定です。
 第28弾は、鹿児島の選挙区です。
 ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを
貼っていただくようお願いいたします。




 * 発送したものの回答が寄せられなかったものについては
「未回答」と記載しているか、空欄となっています。




 * 返信があったものの「回答しない」という返事があったもの
については「回答しないとの回答あり」、と記載しています。




 * 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者
全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。




* 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。


鹿児島1区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542699624276844544


鹿児島2区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542699700793516032


鹿児島3区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542699772491333632


鹿児島4区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542699857119420416


鹿児島5区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542699944897835008



2014年12月10日水曜日

「秘密保護法が施行されたからって諦めませんよ、引き続き廃止へアクションしようよ!」声明

あすわかは、本日、秘密保護法の施行に抗議する声明を出しました

秘密保護法が施行されたからといって、今日から世界ががらりと変わってしまい、どんどん市民が逮捕される、なんていうことにはならないでしょう。
でも、その影響は、メディアの萎縮、市民活動の萎縮という形で確実に目に見えない形で進んでいきます。
だから、一人一人が諦めずに引き続き行動していくことが何より大事なのだと思います。

そういう思いを、この声明に込めました。
ぜひ拡散をお願いします!...

゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

「秘密保護法が施行されたからって諦めませんよ、引き続き廃止へアクションしようよ!」声明

 本日2014年12月10日、特定秘密保護法が施行されてしまいました。
 昨年、政府が国内外の厳しい批判を無視して特定秘密保護法を成立させてから1年が経過しました。この1年間で、国民は同法の成立を納得したでしょうか。必要性を理解する声は高まったでしょうか。あるいは、できちゃったものは仕方ない、と諦めて受け入れる空気は広がったでしょうか。
 答えがいずれもNOであることは、誰の目にも明らかです。
 
 情報を国民から奪い・隠す同法が招くもの、それは国民が政治や社会に怒ることはおろか、疑問を抱くこと・考えることすらできず、民主主義の基盤である「議論」が不可能になる社会です。情報を国会議員に触れさせない同法が招くもの、それは時の政府の判断に何一つもの言えず、権力のブレーキとしての機能を失った議会政治です。情報を得ようとしただけで犯罪になると脅し、また身辺調査によって膨大な数の国民のプライバシーを侵すことで、これらの実現はより現実味を帯びます。
 特定秘密保護法が国際的な常識に照らしても比類無き悪法であることは、同法の成立後に発表された「報道の自由度ランキング」(国際ジャーナリスト組織『国境なき記者団』による)で日本が59位に大きく後退したことが端的に表しています。同法によってこの国が失った国際的信用は、あまりにも大きいのです。
 さらに、現政権が目指す集団的自衛権の行使が実現すれば、特定秘密保護法はそれと一体となって国民の自由と日本の平和を破壊します。すなわち、集団的自衛権の行使に踏み切る判断過程をすべて秘密にされかねず、国民は戦争の是非を判断できないのです。戦争する事情を知ろうとすれば、罰せられるのです。

 他方、全国における同法廃止に向けたアクションは活気を失うこと無く、若い世代の取り組みがその先頭を担っていることは特筆すべき事でしょう。あるいは今夏に実施された同法の施行令や運用規則に関するパブリックコメントが2万3千通も寄せられたことは、国民が同法についてまったく納得していないこと、同法が主権者を置き去りにしたままであることを物語っています。

 現政権は何度も「国民に丁寧な説明をしてご理解いただく」などと言いながら、特に弁明もせず、集まったパブコメをほぼ無視する形で施行の準備を進めました。民意を軽んじ、あるいは敵視する現政権のこうした姿勢は、同法の是非は今月14日の衆議院議員総選挙における争点ではない、と(審判を下される側の)官房長官が明言したことからも鮮明で、戦後民主主義の歴史を大きくゆがめたその責任はあまりにも大きく、将来に渡って厳しく追及されるべきものです。

 同法の施行で、社会が短期間で急激に変わることはなくとも、同法が狙うメディアと国民の「萎縮」は、徐々に現れるでしょう。一つひとつの出来事がどんなに小さくても、その積み重ねに私たち国民が慣れてしまってはいけないのです。小さな事象が何の前兆か、その積み重ねが最終的に何を招くか、決して忘れてはならないのです。愚直にしつこく声をあげ続けることがどんなに大事なことか、改めて考えずにはいられません。
権力に対していつまでも「めんどくさいヤツ」であり続けることを誓った1年前の私たちは、確実に「誇りを持ってこの国に生き続ける決意をした主権者」でした。今はどうですか?まだめんどくさいヤツですか?まだ主権者としての誇りを捨てずにいますか?
 施行によって、すべて終わったなどと思わないこと。めんどくさいヤツが増えれば廃止できるのです。自分と自分の大切な人、社会、国を守るために、これからも明るく手を携えて怒り続けましょう

 「明日の自由を守る若手弁護士の会」は、特定秘密保護法に強く反対し、施行に強く抗議するとともに、法律家団体として同法の速やかな廃止を求め、民主主義と立憲主義の擁護に全力を尽くします

2014年12月10日 「明日の自由を守る若手弁護士の会」
 共同代表 神保 大地  共同代表 黒澤 いつき

衆院選候補者への公開質問状 集計結果㉗ 東京 4,6,7,8,13,14,15,16,17,23区



 「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、
立候補者へ公開質問状を送付しました。
いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を
決める際の参考にして頂ければ幸いです。


 公開質問状の質問は以下のとおりです。




質問1.集団的自衛権の行使容認に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問3.自民党の2012年改憲草案に  
   賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は




 現在、回答がどんどん返ってきています。
 多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、
五月雨式に公表して行く予定です。
 第27弾は、東京の4,6,7,8,13,14,15,16,17,23区です。
 ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを
貼っていただくようお願いいたします。




 * 発送したものの回答が寄せられなかったものについては
「未回答」と記載しているか、空欄となっています。




 * 返信があったものの「回答しない」という返事があったもの
については「回答しないとの回答あり」、と記載しています。




 * 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者
全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。




* 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。


東京4区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/543596526841245696


東京6区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542697119149084673


東京7区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542367155967119360


 
東京8区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542367279283855361


東京13区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542368095424114689


東京14区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542367492958470144


東京15区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542367608981303296


東京16区


東京17区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542367717156610050


東京23区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542367827072528386

衆院選候補者への公開質問状 集計結果㉖ 大阪5~12,18,19区

 


 「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、
立候補者へ公開質問状を送付しました。
いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を
決める際の参考にして頂ければ幸いです。


 公開質問状の質問は以下のとおりです。




質問1.集団的自衛権の行使容認に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問3.自民党の2012年改憲草案に  
   賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は




 現在、回答がどんどん返ってきています。
 多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、
五月雨式に公表して行く予定です。
 第26弾は、大阪の5~12,18,19区です。
 ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを
貼っていただくようお願いいたします。




 * 発送したものの回答が寄せられなかったものについては
「未回答」と記載しているか、空欄となっています。




 * 返信があったものの「回答しない」という返事があったもの
については「回答しないとの回答あり」、と記載しています。




 * 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者
全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。




* 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。


大阪5区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542359929189707776


大阪6区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542360012043993088


大阪7区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542360117534924800


大阪8区


大阪9区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542360241178812417


大阪10区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542360335399653376


大阪11区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542360443595931648


大阪12区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542360532955586560


大阪18区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/543599527240798208


大阪19区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542360698185977856



衆院選候補者への公開質問状 集計結果㉕ 山形1~3区




 「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、
立候補者へ公開質問状を送付しました。
いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を
決める際の参考にして頂ければ幸いです。


 公開質問状の質問は以下のとおりです。




質問1.集団的自衛権の行使容認に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問3.自民党の2012年改憲草案に  
   賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は




 現在、回答がどんどん返ってきています。
 多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、
五月雨式に公表して行く予定です。
 第25弾は、山形の1~3区です。(1区は集計でき次第、掲載いたします)
 ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを
貼っていただくようお願いいたします。




 * 発送したものの回答が寄せられなかったものについては
「未回答」と記載しているか、空欄となっています。




 * 返信があったものの「回答しない」という返事があったもの
については「回答しないとの回答あり」、と記載しています。




 * 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者
全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。
* 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。


山形1区


山形2区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542355637976326144


山形3区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542355744989798400





2014年12月9日火曜日

衆院選候補者への公開質問状 集計結果㉔ 千葉1~13区


 


 「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、
立候補者へ公開質問状を送付しました。
いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を
決める際の参考にして頂ければ幸いです。


 公開質問状の質問は以下のとおりです。




質問1.集団的自衛権の行使容認に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問3.自民党の2012年改憲草案に  
   賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は




 現在、回答がどんどん返ってきています。
 多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、
五月雨式に公表して行く予定です。
 第24弾は、千葉の1~13区です。
 ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを
貼っていただくようお願いいたします。




 * 発送したものの回答が寄せられなかったものについては
「未回答」と記載しているか、空欄となっています。




 * 返信があったものの「回答しない」という返事があったもの
については「回答しないとの回答あり」、と記載しています。




 * 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者
全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。




* 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。


千葉1区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542323443274743808


千葉2区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542323541417263104


千葉3区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542323608375136256


千葉4区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542323682064871424


千葉5区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542323758225039360


千葉6区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542323852756267008


千葉7区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542323956494004225


千葉8区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542324038912057344


千葉9区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542324111167336449


千葉10区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542324178993442817


千葉11区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542324253194846209


千葉12区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542324330009337857


千葉13区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542324434258759680







衆院選候補者への公開質問状 集計結果㉓ 愛知1~5区






 「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、
立候補者へ公開質問状を送付しました。
いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を
決める際の参考にして頂ければ幸いです。


 公開質問状の質問は以下のとおりです。




質問1.集団的自衛権の行使容認に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問3.自民党の2012年改憲草案に  
   賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は




 現在、回答がどんどん返ってきています。
 多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、
五月雨式に公表して行く予定です。
 第23弾は、愛知の1~5区です。
 ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを
貼っていただくようお願いいたします。




 * 発送したものの回答が寄せられなかったものについては
「未回答」と記載しているか、空欄となっています。




 * 返信があったものの「回答しない」という返事があったもの
については「回答しないとの回答あり」、と記載しています。




 * 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者
全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。




* 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。


愛知1区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542183971652530177


愛知2区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542184041718374400


愛知3区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542184115974324224


愛知4区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542184183922044928


愛知5区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542184261130788864















衆院選候補者への公開質問状 集計結果㉒ 埼玉3,5,11,13,14,15区





 「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、
立候補者へ公開質問状を送付しました。
いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を
決める際の参考にして頂ければ幸いです。


 公開質問状の質問は以下のとおりです。




質問1.集団的自衛権の行使容認に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問3.自民党の2012年改憲草案に  
   賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は




 現在、回答がどんどん返ってきています。
 多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、
五月雨式に公表して行く予定です。
 第22弾は、埼玉の3,5,11,13,14,15区です。
 ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを
貼っていただくようお願いいたします。




 * 発送したものの回答が寄せられなかったものについては
「未回答」と記載しているか、空欄となっています。




 * 返信があったものの「回答しない」という返事があったもの
については「回答しないとの回答あり」、と記載しています。




 * 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者
全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。




* 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。


埼玉3区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542179962287960065


埼玉5区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542179325701656576


埼玉11区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542179413102579712


埼玉13区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542179493318651904


埼玉14区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542179597463216128


埼玉15区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542179698747256832

衆院選候補者への公開質問状 集計結果21 長崎1~4区、佐賀1~2区

 「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、立候補者へ公開質問状を送付しました。いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を決める際の参考にして頂ければ幸いです。
 公開質問状の質問は以下のとおりです。

質問1.集団的自衛権の行使容認に  
  賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、

 質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 
  賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、

 質問3.自民党の2012年改憲草案に  
  賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、

 質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  
  賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は

 現在、回答がどんどん返ってきています。
 多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、五月雨式に公表して行く予定です。
 第21弾は、長崎、佐賀の全選挙区です。
 ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを貼っていただくようお願いいたします。

* 発送したものの回答が寄せられなかったものについては「未回答」と記載しているか、空欄となっています。

* 返信があったものの「回答しない」という返事があったものについては「回答しないとの回答あり」、と記載しています。

* 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。

* 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。



長崎1区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542155413496410113
長崎2区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542706768673914880
長崎3区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542155612046381056
長崎4区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542155677846605824
佐賀1区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542155745056141312
佐賀2区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542155851985731584



衆院選候補者への公開質問状 集計結果⑳ 神奈川1~18区

「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、
立候補者へ公開質問状を送付しました。
いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を
決める際の参考にして頂ければ幸いです。

  公開質問状の質問は以下のとおりです。

 質問1.集団的自衛権の行使容認に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、

  質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、

  質問3.自民党の2012年改憲草案に  
   賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、

  質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は


 現在、回答がどんどん返ってきています。
 多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、五月雨式に公表して行く予定です。
 第20弾は、神奈川の全選挙区です。
 ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを貼っていただくようお願いいたします。

 * 発送したものの回答が寄せられなかったものについては
「未回答」と記載しているか、空欄となっています。

 * 返信があったものの「回答しない」という返事があったもの
については「回答しないとの回答あり」、と記載しています。

 * 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者
全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。

 * 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。


神奈川1区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542146570011947008
神奈川2区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542146661015769089
神奈川3区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542146805710876672
神奈川4区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542146875797671936
神奈川5区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542146933708423168
神奈川6区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/543325157494755328(12月12日改訂)
神奈川7区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147039736233984
神奈川8区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147090772549632
神奈川9区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147143088095232
神奈川10区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147198654238720
神奈川11区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147280023736320
神奈川12区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147414925135872
神奈川13区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147467714641920
神奈川14区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147518188900352
神奈川15区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147571066499072
神奈川16区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147626741665792
神奈川17区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147689098387456
神奈川18区 https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542147753561042945

衆院選候補者への公開質問状 集計結果⑲ 沖縄1~4区



 「明日の自由を守る若手弁護士の会」はこのたびの衆院選に際し、
立候補者へ公開質問状を送付しました。
いただいた回答をこの場で公表し、有権者の皆さまに投票先を
決める際の参考にして頂ければ幸いです。


 公開質問状の質問は以下のとおりです。




質問1.集団的自衛権の行使容認に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問2.武力行使の要件に関する本年7月1日付閣議決定に 
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問3.自民党の2012年改憲草案に  
   賛成・修正した上で賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は、




  質問4.12月10日施行予定の特定秘密保護法に  
   賛成・反対・どちらともいえない
  その理由は




 現在、回答がどんどん返ってきています。
 多少見づらくはなってしまいますが、回答がまとめられた順に、
五月雨式に公表して行く予定です。
 第19弾は、沖縄の選挙区です。
 ご自身のHP等に引用される場合は、このページへのリンクを
貼っていただくようお願いいたします。




 * 発送したものの回答が寄せられなかったものについては
「未回答」と記載しているか、空欄となっています。




 * 返信があったものの「回答しない」という返事があったもの
については「回答しないとの回答あり」、と記載しています。




 * 連絡先が分からない等の理由で、アンケート対象を候補者
全員でなく一部の候補者とさせていただいた選挙区もあります。




* 誤字脱字も含め、頂いた回答をそのまま転載しています。


沖縄1区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542052868719513602


沖縄2区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542052950684622848


沖縄3区
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542053151772143616


沖縄4区 
https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/542053254650028032