2017年1月2日月曜日

やや日めくり憲法 12条編


【やや日めくり憲法 12条編】



昨日からスタートしたこの企画、「やや日めくり憲法」

1月2日の今日は、憲法12条をご紹介します。

憲法12条は、2つの文章からできています。



日本国憲法第12条

①この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。②又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

(①②はあすわかがつけました)



②のほうからご紹介しますね。



【人権を制約するリクツ:公共の福祉】

昨日、人権という考え方がでてきたことをご紹介しました。

「人権と言えば最強!?なんでも守られる!?」

…かというと、そうではありません。



たとえば、AさんがBさんのことを、たくさんの人の前でバカだアホだと罵ったとしましょう。Aさんにとっては「表現の自由」を使ったことになりますが、Bさんにとっては自分の「尊厳」「人格権」が傷つけられたことになります。

このように、誰かが人権を使うことで、ほかの誰かの人権を害する場合には、その人権を制約することができる。「公共の福祉による人権制限」とは、伝統的にこのように理解されてきました。



改憲したい人たちからは、「権利ばかり主張して義務を果たさない」とよく言われます。でも、この人たちが言う「義務を果たさない」って、具体的に何のことを言っているんでしょうか? 少なくとも自民党改憲草案は、何も具体的に説明してくれていないんです。

この考えは、逆にいうと「義務を果たさない人の権利は守らなくてかまわない」ということになり、生存権の場面でいえば「勤労の義務を果たさ(せ)ない人は飢え死にしてもかまわない」という考えにつながります。これって、とても怖いと思いませんか?



【不断の努力が必要】

まあ公共の福祉で制限があるといっても、

「憲法があるから人権は守られる!やったー!」

…かというと、やっぱり違います。



たとえばえん罪事件。警察に逮捕されたり刑務所に入れられたりというのは、国家による人権侵害の典型的な例です。実際に犯罪をおかした人であれば、罪を償うために身柄を拘束されるのは仕方ない面もあります。が、これがえん罪であれば、まったくの理不尽ということになります。

現在の日本の刑事裁判では、弁護人や被疑者・被告人が、松本潤さんのドラマ「99.9」に描かれたようなものすごい努力を積み重ねなければ、無罪を勝ち取ることができない現実があります。

でも、刑事弁護人や支援者がこういった努力(不断の努力)を重ねることで、無実の人が釈放されたり、警察・検察が横暴な捜査をするのを防いだりすることができます。



「不断の努力」を、私たちは「普段の努力」と言い換えることがあります。

油断すると人権や自由はすぐになくなってしまうんだと、この自由にモノが言えなくなってきている今、あらためて覚えておきたいと思います。





※イラストの転載はご遠慮ください※