2017年1月9日月曜日

やや日めくり憲法 18条


8回目を迎えましたやや日めくり憲法。今回は、18条です!


憲法18条は、だれも奴隷のようにとらわれたりしません、犯罪をした場合以外はムリヤリしたくない仕事をさせられません、ってことを保障しています。



第18条

 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。



 「奴隷」は、物と同じように他人に所有され、自由も名誉もなく、ムリヤリ働かされます。そもそも人間あつかいされない・・・人生まっくらになっちゃう感じがしますね。



 「奴隷」までいかなくても、ムリヤリしたくない仕事をさせられるとしたら、やっぱり人生、灰色・・・。



 「奴隷」のように扱われないっていうことや、ムリヤリしたくない仕事をさせられないっていうことは、私たちが幸せに生きていための基本です。

だから、憲法18条は、そのことを保障しているんです。

だって、日本国憲法の目的は、私たち一人ひとりが個人として尊重され、それぞれが自由に幸せを求めて生きられる社会をつくるってことだから、憲法18条の保障は当たり前、大前提なんですね。



 

日本国憲法のもとで暮らす私たちは、憲法18条が空気のように当たり前になっています。

 

でも、歴史をみると、奴隷制度は、昔、多くの国であったし、アメリカでだって19世紀後半まであったんです。

また、日本でも、戦前は、徴兵制で男性がムリヤリ兵士として戦争に行かされたり、勤労動員で女性や学生がムリヤリ軍需工場などで働かされたりしていたのです。

 

そして、最近・・・憲法9条や立憲主義に反すると反対の声が上がる中で、安保法制が変えられ、集団的自衛権の行使が認められるなどしました。

武器輸出も解禁されました。

そして、自民党の改憲草案では、平和主義が否定され、国防軍が創設されたりしています。徴兵制については、改憲草案をつくった自民党の内部で意見が割れており、「意に反する苦役にあたるから徴兵制はとらない」という人もいれば、「意に反する苦役にあたらない」という人もいるようです。

いずれにしても、戦争の足音が近づいていることは確かなようです。

 
だから、もう、徴兵制や勤労動員も、過去のものとは言い切れない・・・そんなのはイヤだ!と思ったら、声をあげるときです。それが不断の努力です。

※イラストの転載はご遠慮ください※