2017年3月2日木曜日

やや日めくり憲法32条 裁判を受ける権利

さて、3月に入って年度末の月でざわついてまいりましたが、2日目です。
「3」月「2」日ということで憲法32条を見てみましょう!
憲法32条には「誰だって裁判所で裁判を受ける権利があるんだよー!」と書いてあります。

ん!?裁判所で裁判を受ける!?権利!?私は訴えられないし!」って思ったそこのあなた。
実はこの「裁判を受ける権利」というのは自分の自由を守る手続きが保障されているってことなん
です。
これって大事ですよー。次のテストで出ますよー。
裁判を「受ける」ってことは、自分の権利や自由が侵害されたときに助けを求めることができる 場所がありますよ!ってことです。
でもって「裁判所で」ってところがポイントです。
国会や行政が判断するんじゃなくて、それらとは独立した場所で助けを求めることができるってところが大事なんですね。
特に個人の権利や自由が侵害される典型的なケースは警察官に逮捕されたり、あるいは行政からの規制がされたりする場面ですので、そういった処分をした当事者とは別の場所で、憲法、法律にのっとって法と証拠に基づいて判断を受ける場所があるということは、私たちの基本的人権を守るためにはと~っても大事なことなんです!

では少し細かく解説しますね。

まず「何人も」とあります。「国民が」とは書いていないのです。ですので、裁判を受ける権利は「日本国民のみ」を対象にしたものではなく、外国人にも保障しますよってことです。

つぎに「裁判所で」とあります。これは民事訴訟法であったり刑事訴訟法であったり、法律で事前に決まっている「裁判所」で受けることができますよってことです。
なお、最高裁判例では「私は東京にいるんだから東京の裁判所で受ける権利がある」とまでは認められていないんですね。
あくまで法律で「そこで受けることができますよ」と決められた裁判所で受ける権利があるという限度です。

最後に「裁判」とありますが、憲法82条でも「公開」でなされる裁判とされています。密室じゃなくて国民に開かれた裁判所ということです。

いろいろな人権についても、裁判所が「最後の砦」と言われているのは、この32条があるからなんだ!ということを知っておきましょうね~。
ではまた明日!