2017年4月1日土曜日

やや日めくり憲法41条 国会は最高機関☆

今年の元日、憲法11条から順番にやってきた「やや日めくり憲法」、今日から新しい章に入ります。そう、憲法にも「章」があるんです。
今までやってきた11条から40条は、すべて「第3章 国民の権利及び義務」の条文でした。いろんな権利があるのを見てきましたよね。
41条からは、「第4章 国会」に入ります。ちなみに、第5章は内閣、第6章は司法と続きます。つまり、第4章から第6章まで、「三権分立」のそれぞれについて規定しているということですね。
国民の権利を守るために権力を縛るのが憲法なら、その「縛り方」を定めているのがこの4章以下です。

さて、国会の章の最初の条文には何が書いてあるのでしょうか。

第41条 国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

「国権の最高機関」
…って、なんか強そうですよね!
最高機関なんだから、内閣や裁判所よりもえらいのか、…というとそういうわけではありません。内閣は衆議院を解散することもできるし、裁判所が国会の作った法律を憲法違反だといって無効とすることもできます。なので、最高機関というのは「政治的美称」だなんて言われています。
日本では、国民が直接選ぶことができるのは、三権のうちでは国会議員だけですね。国会は、民意を代表するところなので、尊重されなければならないというわけです。

それよりも意味があるのは、「唯一の立法機関」というところです。法律を作ることができるのは国会だけ、という意味ですね。
どういう行いが犯罪になるか、どういう手続で人を逮捕することができるか、どういう手続で警察が人の家に踏み込むことができるか、などなど、すべて法律に書かれています。
法律をどんなものにするかは、人権や自由に直結している。少数派のなかにもいろいろな意見や立場がある。なので、国民の代表で話し合って決めましょう、というわけです。

ですが、いま自民党が憲法改正の最初のテーマにしようとしている「緊急事態条項」は、これを崩すかもしれないんです。
自民党改憲草案では、非常事態宣言がなされたとき、内閣が法律と同じ効力を持つ政令を出すことができるとされています。緊急事態を理由に、少数意見を無視して人権や自由に直結するルールを決められる…怖くないですか?