2017年4月4日火曜日

やや日めくり憲法44条 選挙に差別ダメ!


今日は4月4日!!



44年前(1973年)の今日は、日本の最高裁が、はじめて、法律が憲法に反しないか判断する権限(違憲審査権:憲法81条)を使った日です(尊属殺重罰規定違憲判決)。
いわば、立憲主義の記念日ですね☆



さてさて、今日のテーマは、ひきつづき、(裁判所ではなく)国会です。



憲法44条

「両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。

但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない。」



なるほどなるほど…

「両議院の議員及びその選挙人の資格」を決めるときに、差別はダメ!ということですね。



「両議院の議員」は、

衆議院、参議院の国会議員のことです。

で、「選挙人」は、

国会議員の投票をする人のことですね。



つまり、

国会議員の選挙で、

どんな人が立候補できるか、

そして、

どんな人が投票できるかで、

差別をしてはダメ!

ということですね。



ところで、憲法44条は、「人種」「信条」「性別」「社会的身分」「門地」「教育」「財産」「収入」での差別はダメ!としています。



「じゃあ、それ以外の差別ならいいの?」と思ったりしません?いや、ダメなんです。



「性別」とか、「財産」とかを挙げているのは、以前の日本や世界で実際にこういったことで差別があった、ということなんです(例えば、戦前の女性は投票できなかった!)。



要は、「~とかで差別がよくあるけど、とにかく差別はダメ!」ということです。



このことは、最高裁でも、選挙権が「一定の年齢に達した国民のすべてに平等に与えられるべきもの」として、原則、制限できない(つまり差別はダメ)としているとおりです(在外邦人選挙権訴訟・2005(平成17).9.14判決)。



憲法前文で、

「日本国民は正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、・・・ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」

としているとおり、

この社会の主人公は、わたしたち市民・国民です。



国会議員は、わたしたちの代表者です。なのに、どんな人がわたしたちの代表になれるかで差別があったら困りますね。



また、自分の代表なのに自分で決められない、なんて差別があったら大変ですね。



わたしのことは、わたしが決める!
ということで、そこで差別はダメですよ、と決めているのが憲法44条なのでした。