2017年4月8日土曜日

やや日めくり憲法48条(兼職禁止)

ギリギリになっちゃいましたが、4月8日ということで、48条の解説です!

第四十八条  何人も、同時に両議院の議員たることはできない。

内容は何も難しいことはなく、そのまんまです(笑)

この条文は、大日本帝国憲法にあるので
昔っから当たり前ってことで規定されているのです。

でも、
この条文がなかったら
衆議院議員さんが
「俺は参議院議員にもなりたい!」
「俺には職業選択の自由があるんだ!憲法上の権利なんだ!」
って言って選挙に出たら、
すでに経験十分だから当選しちゃうかもしれません
そしたら、衆議院議員であり、かつ参議院議員でもある、ってことになるわけです

別にそれを国民が支持したんだからいいじゃん?って意見もあるかもしれません

でも、
42条のところでも触れましたけど
http://www.asuno-jiyuu.com/2017/04/blog-post_2.html
二院制ってのは、
一方の軽率な行為や多数派の暴走を止めて、
冷静な議論を促す役割があるのです

議会という権力を他の議会によって抑制するという立憲主義の表れなんですよね

だから
権力者の職業選択の自由よりも、
あんたにはやらせない、っていう要請が優先するってことなんです。

だから兼職禁止。

より多くの民意を反映するために、多くの人に国会議員になってくれってことです。

こう考えたら
より多くの人が国会議員になってほしいってことだから
同じ人が国会議員を何度も何度もやるってのは、どうなんでしょうかね?
とはいいつつ、経験ってのも重要だし、素人ばかりでも困るし・・・

誰を選ぶのかって難しいですね。
それを考えるのも主権者の役割(不断の努力)ってことですかね!