2017年5月5日金曜日

やや日めくり憲法 55条(資格争訟の裁判)


 5月5日の子どもの日、GWまっただ中の今日、
みなさんはどうお過ごしですか?

ちょっとした合間に、【やや日めくり憲法】も覗いて
くださいね。今日は55条を紹介します。



<日本国憲法55条>
 両議院は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判する。
 但し、議員の議席を失はせるには、出席議員の3分の2以上
の多数による議決を必要とする。




「両議院」とは衆議院と参議院、つまり国会のこと。

国会が裁判する…あれ?って思った方いらっしゃいませんか。

  これまで何度も説明していますが、私たちの自由や権利を
守るために権力者の手を縛る、これが立憲主義でしたね。


 権力者の手を縛る手段の一つとして、憲法は、権力が集中
して独裁国家とならないよう三権分立という形をとっています。
 権力を立法、行政、司法の3つに分けて、それぞれ国会、内
閣、裁判所がその役割を担っています。
 ですので、裁判所が司法権を握り、裁判を行う、これが大原則
で、76条には「すべて司法権は、…裁判所に属する」と定めら
れています。


 ところが、その例外が憲法上いくつか定められていて、その
一つが今回紹介する55条です。


 衆議院と参議院は、それぞれ独立して審議や議決を行います。
そのためには、内閣や裁判所からはもちろんのこと、お互いにも
干渉されることなく独自に活動できなければなりません。
 これを議院の自律権と言います。自らの所属する議員の資格に
ついての争いを自ら判断する、これは各議院の自律権の表れの
一つです。


 この「議員の資格」とは、①被選挙権があること、②兼職が
禁止される公職についていないことです。
 この2つの要件いずれかを満たしていなければ議員の資格が
失われることになるので、そのことが争いになった場合に各議院
自ら裁判をすることになります。
…が、これまで一度もこの裁判が実施されたことはありません。


 とはいえ、この規定が各議院の自律権を認める重要なもので
あることは間違いありません。今、国会では共謀罪(テロ等
準備罪)の審議について緊迫した情勢を迎えていますが、
国会議員のみなさんは、自律権が保障された中で活動している
ことの自覚と責任を忘れずに審議に臨んでほしいものです。