2017年6月9日金曜日

やや日めくり68条 【国務大臣の任命及び罷免】

1日遅れちゃいました(◎_◎;)
 
 
第六十八
内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。ただし、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。
内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。
 
 
内閣の中で、唯一内閣総理大臣だけが、民意の代表者である国会から直接選ばれます。
そういう意味では、総理大臣は、民意の反映で選ばれることになります。
 
民意を代表して選ばれた総理大臣に政治をゆだねるわけなので
その補佐をする人は、できるだけ総理大臣と意思疎通がとれていてほしいわけです。
じゃないと、円滑迅速な政治ができませんからね。
だから、総理大臣に、自分がすいように大臣を選ばせたわけです。
あと、総理大臣の政策を実行することができるのは誰なのかを一番適切に判断できるのは、総理大臣自身ですからね。
 
ただし、
国会が内閣を監視する必要から、
大臣の過半数
(つまり同数じゃだめ、イギリスにいたって過半数でもダメで全員らしいです)
を国会議員から選ばないとダメ、ということです。
 
これも、国会議員にはいない特に専門的な政策を実行したい場合もあるでしょうから、半数近くまでは国会議員以外からでも大臣を選べるようにしています。
 
 
できるだけ専門的でスムーズな政治をってほしいから、選ぶのは総理に任せるけど
行政権力を監視する(立憲主義の発想ですね)ために国会議員を過半数入れるからね
ということです
 
 
総理大臣が自由にクビにできるとはいえ、
実際には、大臣罷免(めん)の事例は多くありません。
むしろ、みなさんが耳にするのは、
「更迭」(こうてつ)
じゃないですかね?
 
要するに、
「罷免」というのは、
天皇が関わるものなので(憲法第七五号)面倒だし
それに罷免された人にとって不名誉なので
総理の意向に従い辞表を出した形にしてもらう(更迭)わけです。
 
 
どっちにしても
ダメな大臣がいた場合、
その人をめさせる権限は総理大臣にしかないので
(国会議員であれば除名することも理論的には可能ですが、現実には無理)
ダメな大臣がその地位に居続けた場合
総理大臣の資質・能力が問われてしまうわけです。
 
 
そして、それは、総理大臣を選んだ国会の資質・能力の問題になり
国会議員を選んだ私たち主権者の問題になるわけです
だからこそ
ダメな大臣がいた場合、
私たちは、身近にいる(はずの)国会議員に、
「早くめさせて」ということを伝えていく必要があるわけです(不断の努力)