2017年7月2日日曜日

やや日めくり憲法 70条<内閣総理大臣の欠缺又は総選挙施行による総辞職>



 あっという間に今年も上半期が終わり、7月に突入してしまいましたね~~。
梅雨空の下、今日は東京都議会議員選挙。
 投票権をお持ちの方は、必ず投票に行って下さいね。
 なになに、「自分の考えとぴったりの候補者がいなくて投票できなーい」?
 いえいえ、選挙というのは、自分の考えと完全に一致する候補者を選ぶ
ものではなく、言ってみれば「数ある不完全な候補者」の中から「一番マシと
思える候補者」を選ぶ作業です。
 住民が必死に働いて納めた税金を、どんなものに使うつもりなのか。
 住民の命や健康を最優先に考えているか。
 その地で紛れもなく「住民」として人生を歩んでいる在日外国人の人権を
どう捉えているのか。
 女性、LGBT、在日米軍基地、憲法改正…民主主義や自由といった視点
から、候補者を見て、比較してみませんか。

 さて、やや日めくり憲法、もう7月に入ってしまいましたが、70条を見て
みましょう。


<日本国憲法70条>
 内閣総理大臣が欠けたとき、又は衆議院議員

総選挙の後に初めて国会の召集があったときは、
内閣は、総辞職をしなければならない。


 内閣は、基本的にはいつでも自分たちの意思で総辞職できます。
 例えば閣僚が不祥事ばっかり起こし、とてもじゃないけれど自分たちは
これ以上国の舵取りを続けることは出来ない、と良識で判断して、総辞職、
とか。(フィクションです。)

 あるいは、首相による権力の私物化が止まらず、国民から激しい批判を
浴び、信頼を失った首相が、やはり自分たちは一国の内閣としてふさわしく
ないと常識的に考えて、総辞職、とか。(フィクションです。)

 ただし、「必ず総辞職しなければならない」ケースというのもあります。
前回、紹介した「内閣不信任案(69条)」が可決されたときなどのほか、
「内閣総理大臣が欠けたとき」と「衆議院議員総選挙の後に初めて国会の
召集があった場合」です。この2つのケースを定めたのが、70条なわけ
です。
 「内閣総理大臣が欠けたとき」というのは、死亡した場合や、総理大臣と
なる資格を失ってその地位を離れた場合や、辞職した場合です。
リーダー不在なのだから、総辞職するのは当たり前ですよね。


 「衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があったとき」というのは、
新しい内閣総理大臣を指名することになるため、総辞職するわけです。
 内閣が総辞職した時に、新しい内閣が生まれるまで、行政の責任の所在
に穴が空いたりするのかな?と思いますよね。そこはどういう手続きになって
いるのか…それは71条で!チャンネルはそのままっ☆