2017年8月1日火曜日

やや日めくり憲法 80条(下級裁判所の裁判官)


 7月が終わりました…いよいよ猛暑なシーズンに入ってきましたね。
 8月ということで、“やや日めくり憲法”は80条代に突入しました!


<日本国憲法 80条>
 下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した

者の名簿によって、内閣でこれを任命する。
 その裁判官は、任期を十年とし、再任されることが
できる。但し、法律の定める年齢に達した時には退官
する。
2 下級裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の

報酬を受ける。
 この報酬は、在任中、これを減額することができない。


 憲法80条は「下級裁判所の裁判官」についての定めです。
 「下級」とは最高裁判所以外の裁判所をいいます。
 つまり、高等裁判所・地方裁判所・家庭裁判所・簡易裁判所の裁判官、ですね。
 公務員の中でも、なぜ裁判官の身分について定めを設けているか、というと…

 第1項では身分保障について定められていますが、下級裁判所の裁判官は
「最高裁判所の指名した」名簿によって、内閣から任命されます。
 国民の選んだ国会議員から選ばれた内閣が任命する…ということで、(やや
迂遠かもしれませんが)裁判所に対する民主的なコントロールを図る(国民が
裁判官を選ぶ)、という趣旨があるのです。

 次に、第2項では裁判官のお給料について、手厚いルールが書かれていますね。
(企業で働く方々も、こんな規定が憲法に書かれてればいいのになとか思っちゃい
ますよね。) このルールは、裁判官の身分を収入の面から保障することで、
“裁判官の職権の独立”を強化しています。
 政府が、政府に都合の悪い裁判官のお給料を勝手に下げたりできないようにして、
裁判官が自分自身の冷徹な判断で自由に判決が書けるように、そしてひいては
司法権という国家権力が正常に機能するように、という趣旨なのです。


 なお、第1項に「再任されることができる」とあります。
 つまり裁判官は10年ごとに「再任」されて裁判官として働き続けるわけですが、
憲法上「されることができる」と書かれてあるため、不安定な身分なのかな、という
ことで、再任の理解については意見が分かれています。

 1971年、10年の任期を終えた裁判官が、ある法律家団体の会員であった
裁判官が再任を拒否された事件(宮本裁判官再任拒否事件)において、最高裁
は、再任するかどうかは「任命権者の裁量に任される」としました。
 つまり再任するかどうかは内閣の自由というわけです。
 しかし、この考え方に対しては、裁判官の身分保障がかなり害されるとの批判
もあります(政府のやることに違憲判決を書く裁判官が安易に再任拒否されかね
ませんよね…)。
 そこで、憲法学上は「原則として再任されるが、例外的に再任を拒否される場合
があると考えるべきである」という説が有力です。