2017年8月8日火曜日

やや日めくり憲法 88条(皇室財産及び皇室費用)

本日8月8日は、88条を見てみましょう。

 

<日本国憲法88条>

 すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。

 

うーーーむ。なかなか…興味無かったら一生見なかったかもしれない条文ですねw!

しかし、一度くらいは目を通してみましょう。


 

戦前

天皇の財産(御料)や皇族の財産すなわち皇室財産は、帝国議会の統制外でした。

神聖にして侵してはならない絶対君主ですものね…

その人達の財産をコントロールするなどおこがましい、といったところでしょうか。

 

当時の皇室財産としては

莫大な株式・有価証券、広大な土地(国土の3.6%)・御用邸、

なぜか日清戦争で得た賠償金の一部とかまであり、

天皇家は目が飛び出るような巨万の富を持っていました。

(当時天皇家に次ぐ資産家であったとされる住友家の当主の30倍以上あったとか)


 

戦後

天皇が民主主義国家である日本の「象徴」となったことに伴い

皇室財産はほぼすべて国有(皇室のために使う財産)となりました

わずかな例外は、新嘗祭などする宮中三殿や、三種の神器です。

 

皇室用財産の一覧表は宮内庁HPにあります。

http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/kunaicho/zaisan-ichiran.html

 


 

皇室財産が国有になったことから、

天皇や皇族の生活費や国家機関としての活動費は、国が出す必要があります

そこで、皇室の費用は、すべて国会の議決する予算に基づいて支出されることになりました。

 

具体的には、内廷費(生活費のようなもの、毎年3億円ちょっと)、宮廷費(儀式費、国賓の接待費など)、皇族費(皇族の品位保持のための費用など)の3種類があります。

http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/kunaicho/yosan.html

 

 

権力を持たなくなったとはいえ、

影響力や権威があり続ける存在なので、

主権者国民がそのお金の動きに縛りをかけるのは、

立憲主義の考えからすればすんなり導かれる結論、ですね。