2017年8月3日木曜日

やや日めくり憲法 82条(裁判の公開)


82条 裁判の対審及び判決は、公開法廷でこれを行ふ。
2 裁判所が、裁判官の全員一致で、公の秩序又は善良の風俗を害する虞があると決した場合には、対審は、公開しないでこれを行ふことができる。但し、政治犯罪、出版に関する犯罪又はこの憲法第3章で保障する国民の権利が問題となつてゐる事件の対審は、常にこれを公開しなければならない。」
 「裁判は、みんなが見られる状況でやらなきゃ駄目ですよ」ということですね(82条1項)。
 「ええっ?!なんで?私、自分の裁判、他の人に見られたくないよ?」と思う方もおられるかもしれませんね。
 でも、「みんなが裁判を見ることができる」というのはとっても大事な原則なのです。
誰にも見られないでやる裁判は、公正に行われるかどうかわからないからです。
裁判所も権力なので、好き勝手にやられてしまうと困ります。
裁判って、どう判断されたかが先例になったりして、みんなに影響があることですから。
 例えば、明治時代に「大逆事件」と呼ばれる事件が起こったことがあります。
政府の方針に反する意見を持った人たちが天皇暗殺を企てたとして逮捕され、
刑事裁判の後、うち24名に死刑判決が下されたという事件です。
 この事件では、大審院(今の最高裁判所にあたります)が、非公開で裁判を行いました。
そして、証人申請をすべて却下した上、たった1か月程度の裁判で死刑判決を言い渡したのでした。
そのため、この事件の裁判が公正に行われたのかどうか-検察官による有罪の立証が十分だったのかどうか、
被告人の言い分をキチンと聞く手続が行われたのか-、
市民には全くわからないまま、死刑という重大な判決がくだされてしまったのです。
 こういったことを防ぐために、第82条は、
「裁判は公開します。特に、政治、出版、人権に関する事件は必ず公開します。」
と定めたのですね。
 裁判は、「行政(政府など)や立法(国会)が人権を侵害したときには、裁判手続の中で人権を回復したり、侵害を止めさせたりできる」という制度です。
せっかく裁判所に訴え出ても、裁判所が好き勝手をしたら、人権を回復できませんものね。
 ですから、皆さんも、気になる事件があったら、ぜひ、裁判所に足を運んでください。足を運んで実際に裁判手続を見ることも、私たちの人権を守るための「不断の努力」のひとつです。