2017年8月4日金曜日

やや日めくり83条 財政


サマージャンボ当たらないかなぁ~

もし当たったら、あれ買って、これ買ってって願っているみなさん!

憲法にもお金のこと書いてあるって知ってますか?!(当たり前か(笑))

 

第83条 国の財政を処理する権限は、国会の議決に基づいて、これを行使しなければならない。

 

国のお金を使う権限を持っているのは、国会ではなく内閣です。

現実に政治を行うのが内閣だから、当然ですね。

 

でも、お金の管理を任せっぱなしにするのはまずいですよね?

だって、好き勝手に使われたら困るじゃないですか

国民が必死こいて支払った税金なのに

たとえばガリガリ君(アイス)とか下着の購入に使われたら困りますよね?

(あれ? そんな使い方した人がいたような…)

 

ちゃんとお金を集めたのか、集め漏れがないか

ちゃんとお金を使ったのか、無駄に・不必要に使っていないか

そういうことを別の人がチェックする必要がありますよね

 

それを

国民の代表機関である国会に任せようってことです。

国会が、国のお金の使い方(予算)を決めて、使ったものを確認する(決算)わけです。

さらには、国有財産の管理、貨幣制度なども、国会の指示に従います、ってものです

財政民主主義、財政国会中心主義って言われたりします。

 

大日本帝国憲法では、

勅令(天皇の命令)国のお金を使うことが出来ました(事後的に議会の承認を得ればいい)

たとえば、緊急処分(大日本帝国憲法70条)とかです

日露戦争のときや関東大震災に使われたそうです

やっぱりそういうのは戦争で使われるんですね。 


さっきも言いましたけど

いまの憲法では、国有財産の管理も国会の議決が必要なんです

当たり前ですよね?

国有財産はわたしたち国民全体の持ち物なので、

激安な値段で売るのは、私たちに損害を与える行為なわけです

決して許されないわけです

(あれ? ごく最近国有財産の廉価売買が問題になっているような…)

 

とにかく

内閣が勝手にお金(国有財産)を使わないように

国会が監視する

権力分立(立憲主義の一側面)です!

 

今日から、財政の話が続きます

マニアックなようですけど、めっちゃ身近な話ですので、こうご期待!