2017年8月1日火曜日

やや日めくり憲法 81条(違憲立法審査権)


<日本国憲法81条>
 最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は
処分が憲法に適合するかしないかを決定する
権限を有する終審裁判所である。


 ここ数年、いろんな法律が「違憲だ」と言われるのを耳にしませんか?
 安保法制(憲法9条違反)、
 秘密保護法(知る権利などの侵害)、
 共謀罪(表現の自由などの侵害)…。


 こんなにも国会が作る法律が違憲だと言われた時代はなかったと思います。

 安保法案審議中に開かれた憲法審査会で、自民党から呼ばれた
参考人が、「安保法案は違憲だ」と発言して、世論が大きく盛り上がった
ことは記憶に新しいかと思います。
 日本は民主主義国家なのですから、国会が作った法律は有効であるのが
普通です。
 でも、多数決で法律を作った時に、少数者の人権が侵害されてしまうことが
あります。
 それに待ったをかけるのがこの81条です。
 多数決で、民主主義で法律を作ったとしても、少数者の人権を侵害するもの
ではあってはならないのです。

 この81条は、立憲主義の表れの一つでもあります。
 権力の行使は憲法に根拠がなければならない、言い換えれば、権力は
憲法に縛られるのが立憲主義でしたね。ところが、権力が、憲法に定めて
ある人権を侵害する法律を作ってしまったときには、それを違憲無効にする
ことで権力を縛るのです。

 また、司法権が、国会の立法権や内閣の行政権の濫用を食い止める働きを
しますので、三権分立の表れということもできますね。
 でも、最初に見たように、ここのところ権力がやりたい放題やってるじゃない
ですか。
 自分たちは合憲だと思っているから、最高裁で違憲だと言われるまでは
やっていいんだと言い放った某与党の国会議員もいました。
 いや、それこそ、違憲かどうかを決めるのは国会議員ではなくて、最高裁
なんですけどね。
 
 ただ、日本の違憲立法審査権は、具体的な事件や損害が発生していない
段階で、抽象的に法律が違憲だといって裁判をしようとしても、門前払いされ
てしまうことがほとんどです。
 そうすると、最高裁の判断がずっと出ないままということもあり得ます。

 それを見越して、先ほどの国会議員は合憲だとゴリ押ししたのかもしれません。


 また、違憲かどうかの判断に踏み込まないでも、別の理屈で結論が出せる
場合には、あえて憲法判断に踏み込まないという非常に消極的な姿勢を、
日本の裁判所は取っています。

 じゃあ、内閣や国会はやりたい放題でいいのでしょうか?
 そんなことはありませんよね。
 
 権力者には憲法尊重擁護義務というものが課せられていて、憲法違反をして
はいけないことになっています。ですから、違憲なことをしていないか、謙虚に
振り返って権力を行使することが求められているのです。

 ・・・本当は、ね。