2017年8月9日水曜日

やや日めくり憲法89条 公金の支出

<憲法第89条>

 公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。



 この条文は,2つに分けて考えるのが一般的です。

 1つめは,前段と呼ばれる部分で,「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため…これを支出し、又はその利用に供してはならない。」というもの。

 2つめは,後段と呼ばれる部分で,「公金その他の公の財産は、…公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。」というものです。



 まず,前段について。

 前段は,国が,ある宗教をお金の面で援助したり,援助しなかったりすることによって,ある宗教だけをひいきしたり,いじめたりすることができるという理解に基づいています。

 国が,ある宗教をひいきしたら,国民がその宗教を信じない自由が侵されます。また,いじめたら,そのいじめられた宗教を信じる国民がいじめられることになり,国民が宗教を信じる自由が侵されるのです。

 だからこそ,憲法は,国は宗教には金を出さない!とするきまりを作って,国家権力を制限しようとしたのです。

 この,国民の自由を守るために国家権力を制限しようとする考え方,まさに立憲主義そのものですよね。

 お金のことを定めているように見えて,実は,国民の自由を守る第89条前段は,お金にうるさいけれど,実は正義感あふれるかっこいいヒーローなのです。



 この第89条前段,自民党の改憲草案では,「社会的儀礼又は習俗的行為の範囲を超えない宗教的活動について」であれば,国が税金を支出することも許されるとしています。

 でも,「社会的儀礼」とか「習俗的行為」か,そうじゃないかって,実は結構難しい判断ですよね。「社会的儀礼」を隠れ蓑にして,ある宗教にだけお金を渡したりすれば,信教の自由が侵害されてしまう危険があることを踏まえて,改憲の必要があるのか考えていく必要があります。



 次に,後段については,公共とは関係のない事業に,国が口を出すことを予防したり,もとは税金である国のお金の無駄遣いを予防したり,国の援助に頼りすぎた事業を予防したりするために定められたものだ,と考えられています。



 自民党の改憲草案の解説では,「朝鮮学校で反日的な教育が行われている現状やこれまでの判例の積み重ねもあり,基本的には現行規定を残すこととしました。」としています。

 どういう教育を行っているかで,助成を行うかどうかを決める姿勢が見て取れます。

 国に逆らわないように教育することには援助して,国に不都合な教育には援助しないなんてことにならないように,じっくりチェックしていかなくてはいけないですね。