2017年9月7日木曜日

やや日めくり憲法97条(基本的人権は永久の権利)


97

この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

 

「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」

「過去幾多の試練」

とても思いのこもった言葉ですね。

97条は、熱く語りかけるような、ハートに訴えるような趣があります。

「めちゃめちゃ大変だったんですよ。いっぱい失敗したんですよ。で、やっとここまでたどり着いたんですよ。なんとかよろしくお願いしますよ。」

みたいな感じです。

人類の歴史を遡れば、権力者のわがまま勝手によって、人間らしく生きることを許されなかった人がたくさんいます。

一人ひとりみんなが人間らしく生きられるように、権力を法で縛っておく、という立憲主義憲法には、人類の叡智が詰まっているのです。

 

この97条、自民党改憲草案ではどう変わっているでしょうか?

なんと、全部削除されているのです!

97条が削除されると、どうなるでしょうか?

 

97条の意味するところは、次のようなことです。

  1. 「基本的人権は・・・信託された」との表現から、人間が生まれながらにして天から信託されたもの、という天賦人権説、自然権思想を示している。
  2. 97条は、「第10章 最高法規」の章の冒頭に置かれており、憲法が最高法規であることの実質的な根拠を示している(通説)

 

まず、①の天賦人権説、自然権思想について。

人権とは、人間として生まれた以上当然に天から与えられているもの、とされています。

この天賦人権説・自然権思想を示すのが、11条「基本的人権は・・・与えられる」と、97条「基本的人権は・・・信託されたもの」です。

 

《日本国憲法11条》

国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

 

11条と97条、2つあるので1つが削除されても実害はないかもしれません。

しかし、自民党改憲草案は、11条末尾を「・・・永久の権利である。」に変えています。

その理由について、「自民党憲法改正草案Q&A」には、

「天賦人権説に基づく規定を改める必要があるから」

と書かれています。

つまり、自民党草案では、天賦人権説の根拠規定を2つとも無くして、天賦人権説をやめましょう、ということになっています。

天から与えられるのでなければ、誰が与えるのでしょうか?

自民党改憲草案は、まず「国」があって、国が、おまえら国民に権利を与えてやるのだ、国の都合で制限できるのだ、という考え方をしているように読み取れます。

「そもそも人権とは」という、憲法の出発点が、まるっきり違うのです。

「自民党改憲草案Q&A」には、97条削除の理由について「11条と重複しているから」という説明が書かれています。

しかし、重複しているとしても両方削除してはいけません。

自民党草案は、基本的人権を制約するどころか、基本的人権という概念そのものを破壊しようとするものです。

 

次に②の最高法規性について。

最高法規性については、97条が示す「実質的な根拠」よりも、最高法規としての「形式」「手続」を示す96条、つまり憲法改正手続が厳格であることの方が重要です。

憲法は、改正しにくいからこそ最高法規なのです。

ところが、自民党改憲草案96条は、憲法改正の発議要件「3分の2」を「過半数」に変えており、憲法の最高法規性を大きく失わせています。

これに加えて97条も削除しているので、ますます問題だということになります。

 

憲法が憲法じゃないようなものに変わってしまわないように、私たちが「不断の努力」をしていきましょう。