2017年9月8日金曜日

やや日めくり憲法98条 国の最高法規


 いよいよ、憲法の最終盤、98条です。

 

1項 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

2項 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

 

要するに、国のきまりの中で憲法が一番強いんです。

そのため、憲法に違反する法律も命令も無効です。

「国権の最高機関」である国会(41条参照)で作った法律ですら、憲法にはかないません。

 

なぜかというと、

法律はあくまで主権者である国民の代理人である国会議員が作るものですが、

憲法は、国民自身が直接作る(投票する)ものだからですね。

 

この、
たとえ国会で作った法律でも、憲法に定める基本的人権を侵害した場合には違憲無効となる
というのは、81条のところでもやりましたね!

 
 要するに、多数決が絶対なのではなく、個人の尊重(13条)が絶対なのです。

なので、多数決(国会)で決めたことでも、個人の尊重(憲法)を侵害することは許されないのです!

 

これは、まさしく、
国民の権利・自由を守るため、憲法で公権力(国会)の行使を縛る
という立憲主義の表れの最たるものといえます。

96条97条、99条も同じように、立憲主義の表れですね。

 

 当然ですが、天皇が誰よりも偉い明治憲法では、こんな条文はありませんでした!

 

 

2項は
自分で入るって決めた条約と国際慣習法には従うよ
ということを定めています。

ごく当たり前ですね。

 

で、憲法と条約では、どっちが強いかというと、憲法ということになります。

なぜなら、条約を締結するかどうかは、国会の判断で決められます(61条)。

そういう意味では、法律と一緒ですよね。だから、憲法が優先します。

 それに、もし条約が憲法より強ければ、
 条約を締結することで、主権者たる国民の投票をせずに、
 憲法改正(96条)と同じことができちゃいますもんね。
 それはおかしい。


 安保関連法の成立時に話題になった砂川事件判決でも、
 憲法が優先することを前提としているとされています。

 

 ただし、2項は、あくまで自分で入るって決めた条約に限られます。

 なので、日本が参加していない条約については守る義務はありません
   (まぁ、当たり前ですね)。

 なので、この条約に入ってほしい、それが国民の権利・自由を守ることにつながる!
 って思ったら、そのことをいまの国会と内閣に伝えなければなりません。

 
 みなさんは、
 日本に参加してほしい(とか一部だけじゃなく全部入ってほしい)条約
 としてどんな条約を思い浮かべますか?


 女性差別撤廃条約?
 障がい者の権利条約?
 ILO関連の条約?
 核兵器関係の条約?


 いずれにしても、ここでも、国民の不断の努力(12条)が関わってきますね。

以上