2017年9月9日土曜日

やや日めくり憲法99条 憲法を守らないといけないのは誰?


 みなさん、これまで憲法を日めくりでみてきましたが、振り返るといろいろな人たちが登場しましたね。

 だいたい登場順にいうと、

 ① 天皇

 ② 私たち国民

 ③ 公務員

 ④ 弁護士

 ⑤ 国会議員

 ⑥ 総理大臣

 ⑦ 裁判官

 

 さて、この中で、憲法というルールを守らなければいけないのは、誰でしょう?

 

 これは憲法カフェ定番クイズのひとつ。答えは、この99条、憲法の実質最後の条文に書いてあります。



99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。





 そうです、答えは①③⑤⑥⑦。つまり国家権力の側にいる人たち、②国民と④弁護士以外です。ちなみに憲法カフェでは④に引っかかる方がけっこういらっしゃいます。弁護士も権力を持っているように感じられるのでしょうか・・・、でも弁護士はただの民間人、国民の一部ですね。



 これまで繰り返しお話ししてきたように、憲法とは、国民(市民)ひとりひとりがそれぞれ自分らしく自由に暮らし、幸せに生をまっとうすることができるようにするためにあるもの。そのために、国家権力に対して、国民の○○という自由を侵害してはいけないだとか、国民のために○○というサービスをしなさいだとか、命じるものです。



 憲法をどうしても変えたい方々は、「今の憲法は自由や権利ばっかりだからおかしい。自由には義務や責任が伴うはずだ。」としきりとおっしゃいますが、それこそが「おかしい」お話、なんですよね。もともと、憲法とは国民の自由や権利を、国家権力が踏みにじることのないように、その手枷足枷として存在するものなんですから。これが「立憲主義」ですね。

 そして、憲法に定められた国民の自由や権利は、もともと、「他の人の自由や権利を害してはいけない」という意味において、義務や責任を伴うものでした。「ひとりひとり」がそれぞれ自由や権利を持っているのだから、当然ですね。

 

 さて、私たちあすわかが一貫してその危険性を発信し続けている自民党改憲草案ですが、この99条を、以下のように変えようというのです。



1 全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。

2 国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を擁護する義務を負う。



 これはまさに立憲主義の否定、憲法を憲法でなくすものといっていいでしょう。憲法は国民の自由を守るもの。私たち国民が、権力者に対して、憲法を守れと命ずるものです。

その憲法が、私たちの心の中にまで踏み込んで、憲法を「尊重」せよと命ずるなんて、まさに「アベコベ」な話です。

 

 他方で、本来憲法を守らなければならない権力側の方々(しかも天皇・摂政が除かれてしまいました!)の義務からは、「尊重」が消え、単に「擁護」義務だけになっています。彼らの義務を軽くしたい、薄めたい、そんな意識が見えるようです。

 

 かつて、日本国憲法を「いじましい」とか「みっともない」などとさんざんにこきおろした国会議員がいました。現在は総理大臣ですが、いずれにしても彼は、憲法「尊重」擁護義務を負う立場にあるわけですから、こうした発言は完全に憲法違反です。



 他方、国民は、いくらこの憲法を嫌おうがこきおろそうが、19条があるから完全に自由。でももしも、国民の憲法「尊重」義務が憲法に定められてしまうと、これは憲法が許した19条の例外だと位置づけられてしまいます(ちなみに、自民党案には、「国旗」と「国歌」についても、国民の「尊重」義務が明記されています)。

 国民の心の中にまでずかずかと立ち入って、自由を拘束しようという自民党案。本当に怖い話です。

 

 私たちあすわかは、これからも、ひとりひとりの自由と幸せを守る日本国憲法を大切に生かしていくために、不断の努力を続けます。





11条からはじまった「やや日めくり憲法」シリーズ、来月からは1条に戻ります。お楽しみに!