2017年10月10日火曜日

やや日めくり憲法9条 戦争の放棄が憲法に入ったのは


「1項 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2項  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」



みなさんよくご存じの9条です。1項では「戦争の放棄」、2項では「戦力の不保持、交戦権の否認」が謳われています。かなり徹底した反戦・反軍の平和主義と言えます。





この9条は、戦後、自衛隊や日米安保体制などが違憲ではないかという疑問が出されたり、改憲を求める人たちからは変えるようにと強く主張されてきました。今も、安倍首相の「加憲論」が取り沙汰されています。



では、そもそも、なぜ9条は、かなり徹底した反戦・反軍の平和主義を採用したのでしょう。



憲法の前文には、こう書いてあります。

「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、・・・この憲法を確定する」と。



これは日本国憲法の前の大日本帝国憲法のとき、日本の軍隊が権力を持ちすぎて暴走し、無謀な戦争に突っ込んで、結果として、国内、国外の両方で多くの戦争被害を出した、ということに対する強い反省があります。

特に、1930年代、国内では、32年の5.15事件、36年の2.26事件など軍人たちが、自分たちの気に入らない政治家(しかも、時の総理大臣も含む)などを暗殺してしまったり、首相官邸を武力で占拠してしまったりしました。

また、国外では、31年の満州事変、37年の日中戦争における南京進撃など、派遣先の軍隊が勝手に大規模な軍事行動に走って戦争を開始・拡大したりと、とてもじゃないけど近代的な法治国家とは言えないような暴走をしていました。



このことがアジア太平洋戦争での悲惨な戦争被害の結果の原因となったことから、日本国憲法は、かなり徹底した反戦・反軍の平和主義を採用したのです。



これは、権力の行使を憲法で制限して、国民の権利自由を守ろうとする立憲主義の考え方にもマッチするものです。

もし、日本が、戦後このような9条を持たず、大日本帝国憲法の手直し程度の憲法であったなら、場合によっては、戦後の朝鮮戦争やベトナム戦争などの戦争に日本も参戦し、多くの日本人が戦争の中で殺し合いをさせられ、死んでいったのかもしれません。今後、もし日本が対外戦争への参加ができるようになった場合、最悪のケースでは、また70数年前の悲劇を繰り返すことになるかもしれません。そのようなことがないよう、我々国民は「不断の努力」を怠らないことが必要だと思います。