アクセスありがとうございます

ごあいさつ

みなさん、はじめまして☆
私たちは、自由民主党の「日本国憲法改正草案」の内容とその怖さを、広く知らせることを目的とする、若手弁護士(弁護士登録期が51期以降=登録から15年以内)の有志の会(略称「あすわか」)です。
現在、当会で作成したパンフレットや紙芝居を使って、全国各地(?)で講演(憲法カフェ、ランチで憲法など)を行っています!
また、イベントや集会に参加したり、声明を発表する、書籍を出すなどもしています。
こういった活動は、FacebookTwitterでも発信しています  ご注目ください!
なお、お問い合わせは、peaceloving.lawyer@gmail.comまで!

最近の記事


今後のスケジュール

2017年10月20日金曜日

GO VOTE(投票に行こう)! あなたの“主権”をカメハメ波のように☆



 衆院選挙の最終盤ですね。
 日々、メディアが世論調査を報道して、自民党の圧勝がもう決まって
るかのような雰囲気になってますが…でも、どこまで正確に現実を反映
できているかは、まだまだ分かりません。最後の最後まで分からないの
が選挙です(あ、受験に似てますね、現役生は前日まで伸びる、みたいなw)。

 お天気が悪いので、投票率も心配ですが、ぜったいに棄権や白票は
ダメです。
 選挙に行きましょう。主権を行使しましょう。

 小説家の平野啓一郎さんの、すてきな寄稿をご紹介します。
      ↓
●「何か変」思うことから 作家・平野啓一郎さん (毎日)
 https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171020/ddm/041/010/056000c
 (一部抜粋)
 「有権者の人に伝えたいのは『何かおかしいんじゃないか』と思ったら、
その感情に従って投票をしてほしいということ。今回の選挙をばかばかし
いと思うなら、余計に投票に行くべきです。悪いことに目をつむる態度は、
決して現実主義ではないのです。」


 以下、あすわかツイートをご紹介します。
 お友達・お知り合いに向けてシェアしていただければ幸いです☆


● https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/921200534299611136

「どうせ世論調査どおり自民党が勝つんでしょ?と、早くも虚無感がわき
出ているそこのLadies&Gentlemen。みなさんが投票に行かなかったら、
その通りかもしれません。投票率次第で、どうとでもひっくり返せます。
投票は、自分の主権者力を発揮するダントツで最大のチャンスです。」



● https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/921203246600826881

「どれだけ政治に無関心でも、政治と無関係ではいられません。あなたの
お給料から差っ引かれた税金が、戦闘機や沖縄の基地建設に使われること
に納得できなければ…「なんで貧困家庭や奨学金にまわさないの?」と
疑問を抱いたならば…今の政権には賛成できない、と、投票で示すしか
ありません。」



● https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/921205396630511616

「棄権したり、白票を投じたりするのは、今の安倍政権に白紙委任したの
と同じです。賛成でもなく反対でもなく第3の力ある意思表示のように
見えてるならば、それは間違いです。どの候補者も好きになれないとして
も、一番「マシ」な人を選んで下さい。選択する苦しみは、確実に貴方の
主権者力を高めます。」


● https://twitter.com/asuno_jiyuu/status/921215647953989632
 
「お子さんを愛しているなら、投票は親としての義務です。
「予防接種した方がいいのか」「どの学校に進ませようか」たくさん真剣
に悩んだのと同じです。キミにどんな社会を残せるか、どんな国で生かさ
せてあげられるか、パパもママも必死に考えて政治に参加したんだよ、
と、いつか話してあげてください。」

明日開催! 投票の前に憲法カフェ@リバティおおさか♪


 リバティ大阪(大阪人権博物館)でのかわいいパネル展示
「いまこそ知りたい!楽しく学ぼう日本国憲法展」始まってます♪

 憲法を知れば知るほど、「こんなに大切なものだったんだ、、、」
と思うでしょうし、同時に「今の政府の人たち,ナニやってんの!?」
という苛立ちも覚えるはずです。

 おそらく、このままだと安倍政権は憲法を変える猛スピードのスケ
ジュールを変えずに動きます。1日でも早めに、「憲法ってなに?」
「私の人生とか生活と、なにか関係あるの?」というギモンを、解消
しちゃってください☆

 明日、リバティ大阪で小谷成美弁護士が憲法カフェを開きます
(なんと2回も)!
 投票の前の、絶好の「憲法知っとこ」日和です。
 都合のいい方に、お誘い合わせの上、カモーーーーーーーーン(^^)/


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。 

◆憲法カフェ~憲法ってなあに?


日時: 2017年10月21日(土)
    13:00~13:40

    15:00~15:40


講師: 小谷成美弁護士
   (明日の自由を守る若手弁護士の会)


参加費: 大人500円、中学生以下200円


☆ あすわか特製憲法クリアファイル(定価200円)を全員にプレゼント。

☆ お子さん連れ大歓迎!



<いまこそ知りたい!
      楽しく学ぼう 日本国憲法展>


 日本国憲法は11月3日で公布後71年を迎えます。
 私たちはふだんの生活で「憲法」を意識することはあまりありません
が、実は私たちが生きる上でとても大切な役割を担っています。
 憲法には何が書いてあるの?誰が守らないといけないの?
 イラスト付き解説や楽しいイベントで、楽しく憲法を学びましょう!!

期間: 2017年10月18日(水)
            ~12月16日(土)

場所: リバティおおさか(大阪人権博物館
     大阪市浪速区浪速西3-6-36

     http://www.liberty.or.jp/

主催: あすわか大阪×リバティおおさか

<展示構成>
 Ⅰ 憲法とは何か/Ⅱ 平和主義/Ⅲ 基本的人権/Ⅳ 国民主権

<開館時間>
 水~金 10:00~16:00(入館は15:30まで)
 土    13:00~17:00(入館は16:30まで)
 日・祝・月・火・第4金は休館

<入館料>
 大人500円、大・高校生300円
 小・中学生 200円
 65歳以上 300円
 障害者(介助者含む)は無料


2017年10月18日水曜日

振り返ってみませんか 女性輝く「はずない」アベ政治年表…( ̄Д ̄;) ②


 安倍政権&自民党が、「すべての女性が輝く社会」をスローガン
にしながら、実際に女性にどんなまなざしを向けてきたかを年表で
振り返る、後半です。

 この年表、昨年の春に作成したものなので、現時点までの更新が
できていないのが、申し訳ないところです(>_<)。
 「こんなのもあったよ!」というコメント、大歓迎です。




 結婚したらどちらかの姓に統一しなければならない民法の規定は、
現実的に女性の姓を奪う機能を持っているので、憲法違反だから無効
でしょ!と争った裁判で、最高裁が合憲判決を出したことは、忘れら
れません。
 「旧姓を使える便利な世の中になってきたから問題ないでしょ」という
判決の理屈は、女性の苦しみを分かろうともしない男性の論理そのもの
でした…この判決を書いた裁判官のメンバー、小池裕判事と大谷直人判事
は、今回、国民審査の対象になっています。
 罷免したかったら「×」印です。


 敗戦で日本が無条件降伏するまで、日本には家制度がありました。
 一人ひとりの「自分らしさ」なんてどうでもよくて、戸主に家族が従属
する「家」の維持・繁栄がなによりも大切だ、と徹底的に教育されました。
特に女性は、男性の所有物で、相続権もなければ選挙権もなく、要するに
人間扱いされなかったのです。
 そんな家制度を廃止させ、女性も男性と対等の誇りある人間だ、と宣言
してくれたのが憲法24条。一人ひとりの尊厳あっての家族だ、と、
「あるべき家族」像に押しつぶされていたすべての人を解き放ってくれ
ました。
 その24条を、ちゃぶ台ひっくり返すかのように変えてしまっているのが、
自民党の改憲草案24条。
 自民党をバックアップする「日本会議」の強い意向があるのでしょう。
わざわざ1項を「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。
家族は、互いに助け合わなければならない。」なんて書き換えているのです
から…


 家なんですよね。とにかく、家。
 社会の基礎的な単位は、個人ではなくて、家族なのです。
 助け合えればいいけれど、そんなわけにはいかない、離れていた方が幸せ
な事情を抱える家族は、少なくありません。DVやモラハラで命からがら逃げ
る母子をはじめ、深刻な事情で絶縁せざるを得ない家族…そんなここの事情
をいっさい無視して、「家族なんだから助け合いなさい」と迫る自民党さん
の頭には、個人の尊厳などはなく、「あるべき家族」というファンタジーしか
ないように思えます。


 自民党は、早くも「選挙に勝った」前提で、秋に改憲案を国会に提出する
なんていう報道もあります。公約には、24条の改憲は掲げてありませんが、
必ず狙ってくるテーマですし、その前倒しのように家庭教育支援法の成立を
公約に(政策集の中にこっそり)書いてあります。
 
 この年表に「うっ」と気持ち悪さを抱くかどうかで、ご自身の人権への姿勢
が分かるともいえます。どうでしたか?

振り返ってみませんか 女性輝く「はずない」アベ政治年表…( ̄□ ̄;)①


 すべての女性が輝く社会 …って、もう古いでしょうか。
 安倍政権が打ち出したスローガンだったような気がします。

 でも、女性の皆さんに聞きますっ(ダン←机を思わず叩く)、
なにか安倍政権のおかげで輝けましたか?

 女性が、男性と同じように、自分らしく生きていける社会に変えるには、
まず男性の生き方を変えなければならない、と、安倍政権は気づいている
のでしょうか。
 気づいているけれども気づかないフリをしているのでしょうか。
 どちらにしても、罪深い。

 男性(中心で回る社会)側が自分たちのライフスタイルを変えずに、
「輝きたいのね?いいよいつでも、男女平等だものね、僕たちと同じように
働けるならどうぞ」と女性に呼びかけたところで、女性たちは身動きとれ
ません。
 保育園の送り迎えはもちろん、子どもの急な発熱で会社を早退しなければ
ならないのはなぜもっぱら妻(母親)なのか。
 なぜ保護者会に出るのはもっぱら妻(母親)なのか。

 保育士さんのお給料も、ぜんぜん高くなりませんね。
 か弱い命と向き合い、人格形成の基盤を作り上げるアシストをしてくれる
保育士の仕事は、肉体労働でもあり頭脳労働でもあり、激務です。
 いまだに「誰にでもできる仕事だ」という無理解が消えない社会に、安倍
政権はなにか一石を投じてくれたでしょうか?
 保育士さんという仕事を大事に思い、お給料を良くして待遇を上げ、保育士
のなり手を増やすこと。これって、保育士として輝きたい女性と、たしかな
保育園に子どもを預けて輝きたい女性の、両方を助けることです。 

 安倍政権が、女性へどんなまなざしを向けてきたか、この年表をごらん
ください。
 作成したのが昨年なので、現時点までの更新ができていませんが
(まずは、前半1枚)…ご覧になれば、「女性、輝けるはずないじゃん…」と
脱力してしまう方、少なくないはずです。



 一人ひとりの「自分らしさ」になによりも価値があると考えるのが
日本国憲法。
 憲法に忠実に、女性が生きづらい社会を変えてくれるのは…少なくとも
安倍政権ではないようです。

投票日イブ(21日)! 弘川弁護士の憲法カフェ@神戸市西区


 もう、投票日まで数日ですね。

 あの強行採決の場面、思い出して下さい。
 自衛隊が内戦に巻き込まれていること報告した日報を隠蔽したこと、
思い出して下さい。
 おかしいでしょ!って怒る市民を指でさして「こんな人たちに負け
ない!」と逆ギレいした首相の姿、思い出して下さい。
 
 国民みんなでとことん話し合って政治を進めるんだ、という気が
みじんもない安倍政権に、私たちはほとほと、疲れ切っています。
 民主主義のシステムを無視する、ということは、国民をバカにして
いる、のと、イコールです。
 もうこれ以上、こんな政治を見ていたくありません。
 憲法や民主主義という視点から、どの候補者に票を入れようか、
決めて下さい。
 投票日イブ(21日)に、弘川欣絵弁護士の憲法カフェが開かれます♪


**************************** 

 憲法カフェ@神戸市西区

 カフェ・ド・けんぽう10月
 「わたしがわたしであるために
        個人の尊厳と憲法24条」



日時: 2017年10月21日(土)
    14:00~16:00



場所: 西区民センター2F 第2会議室
  http://www.kobe-bunka.jp/facilities/nishi/


資料代: 300円(高校生以下無料)

講師: 弘川欣絵弁護士
   (明日の自由を守る若手弁護士の会)

主催: 西神ニュータウン9条の会
     TEL 078-991-1955


 ☆ 託児はありませんが、お子様連れ大歓迎です!


 憲法改正をめざす自民党の『憲法草案』をご覧になったことが
ありますか?
 9条が注目されがちですが、ほとんどすべての条項が書き換えられ、
憲法の意味そのものが大きく変わる内容だという事をご存じですか?
 「そもそも憲法って何?」「家族ってなんだろう??」etc・・・
 個人の尊厳と両性の本質的平等をうたった24条にスポットを当て、
弁護士の弘川欣絵さんにおはなしをしていただきます。
 考える材料の一つとなれば幸いです^^


2017年10月12日木曜日

参考動画☆ 自民党の描く理想の国家・憲法がよく分かります。


 選挙期間になるとピタっと改憲の発言をやめるのが、安倍首相の
クセです。
 あまり誠実とは言えません…あんなにも前のめりに憲法を変えよう
とスケジュールを組んでいるのに、なぜ選挙になると、堂々と語ら
なくなってしまうのでしょう。ご自分の理想とする国家像や憲法の
形に、自信がおありなら、国民に語るべきです。
 語らずに改憲するなら、当然「そんなの聞いてないよ」です。

 どちらにせよ、選挙の結果が安倍政権と自民党のあたためる改憲の
スケジュールに大きく影響します。有権者のみなさまは、ぜひ、憲法
の行方を意識しながら投票してください。

 今日は参考資料として、動画などを紹介いたします。

 2012年の5月の映像です。
 https://www.youtube.com/watch?time_continue=1008&v=BrxAi30Szpw
 創生「日本」という団体の研修会で、登壇した自民党の議員さんたち
が次々にスピーチしている様子が撮影されています。
 
 例えば…
●稲田朋美議員
 「国防軍を創設する、そんな憲法草案を提出致しました。
前文に、私たちの国は私たちで守りませんなどと嘘の書いてある憲法は
今すぐ破棄をして自主憲法を制定しなければなりません。」拍手喝采

●下村博文議員は、「自虐史観」からの脱却について。
 
●新藤義孝議員
 「憲法改正しましょうよ。」
 「自民党の基本は家族です。自分が幸せになりたかったら、家族を
守ろう。家族を守るためには、地域と国と世界が安定しなければなら
ない。これが、自民党の原点ですよ。」

●長勢甚遠議員(←今は政界を引退されています。)
  「(自民党の憲法草案について)正直言って不満なんです。
…国民主権、基本的人権、平和主義、これは堅持すると言ってるんです。
みなさん、この3つはマッカーサーが日本に押しつけた戦後レジーム
そのものじゃないですか。この3つをなくさなければ本当に自立した憲
法にならないんですよ。」拍手喝采

●木内実議員
 「日本にとって一番大事なのはなにか、私は皇室であり国体であると,
常に思っております。」「皇室をしっかりお支えしなければならない。」

 …まだまだたくさんおられますが、こんな感じです。

<まとめサイト>
 https://matome.naver.jp/odai/2146647747327851701


 「よくわかんないけど、まぁ自民党でいいや」とぼんやりお考えの
お知り合いがいたら、ぜひ、この動画やまとめサイトを、紹介して
あげてくださいね!
 きっと自民党の方々も、自分たちの主張がみなさんに知られるのは
うれしいことだと思います。たくさん拡散させましょう(^^)/

2017年10月11日水曜日

10月18日 太田啓子弁護士の憲法カフェ@神奈川・二宮


 安倍政権が復活してからの5年弱…民主主義を真っ向から否定する
特定秘密保護法や共謀罪が作られてしまいました。
 戦争しないし軍隊も持たない、とあれほど憲法が宣言しているのに、
戦争したくないとあれほどママたちや若者たちが叫んでいるのに、憲法
9条を死文化させるような安保法制が作られてしまいました。
 もうこれ以上、こんな政治を見ていたくないし、こんな政治に未来を
狂わされたくない…そんな必死な思いがかかった選挙です。
 あれ選挙の争点ってなんだったっけ?消費税の使い道?北朝鮮情勢?
 分かりませんよね、それは仕方ないんです、安倍首相自身に大義は
ないし、発言のたびにおっしゃることが変わっているので(-_-;)。
 首相や自民党の言うことはクルクル変わりますが、憲法への影響が
絶大であることは間違いありません。投票までに、ぜひ、ぜひ、憲法の
キホンを知っておいて下さい!
 18日には、太田啓子弁護士の憲法カフェが神奈川の二宮町で開かれます♪


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚

 太田啓子弁護士と一緒に!憲法カフェ@二宮


  あすわか(明日の自由を守る若手弁護士の会)の太田啓子弁護士による
憲法カフェ(子連れ大歓迎)を二宮で開催!!
 選挙を控えた大事な時期。憲法改正って何?憲法って誰のためのどんなもの?
太田弁護士に伺いましょう!


日時: 10月18日(水)
      13:30~15:30

場所: 二宮ふるさとの家 

   (〒259-0134 神奈川県中郡二宮町一色432)
   二宮駅北口よりバス 秦60秦野駅南口行 または 
      秦91秦野駅南口行に乗り、バス停一色で下車 徒歩3分



参加費: 500円

駐車場: 有

申込:下記イベントに参加表明をお願いします。
 イベントページ→ https://www.facebook.com/events/869426669875015/


講師:太田啓子氏
    (弁護士/明日の自由を守る若手弁護士の会) 
  2002年弁護士登録(湘南合同法律事務所所属)。
  2013年憲法カフェ開始、以降各地で200回ほど憲法カフェ開催。
 VERY、クロワッサン、婦人公論、LEE、週刊女性、AERA、ジュニアエラ等
 で憲法についてコメント、座談会出席等。
  共著「これでわかった!超訳 特定秘密保護法」(岩波書店2013) 、
 「憲法カフェへようこそ」(かもがわ出版2016)。


* なお午前中は同会場にて、渡辺優子プレゼンツ「くらしのゆんたく コス
 タリカの奇跡&ローカル選挙トーク」を開催します。
 https://www.facebook.com/events/1564217806975539/
* 両方のご参加大歓迎。
* 「コスタリカの奇跡」上映は1000円となっています。