アクセスありがとうございます

ごあいさつ

みなさん、はじめまして☆
私たちは、自由民主党の「日本国憲法改正草案」の内容とその怖さを、広く知らせることを目的とする、若手弁護士(弁護士登録期が51期以降=登録から15年以内)の有志の会(略称「あすわか」)です。
現在、当会で作成したパンフレットや紙芝居を使って、全国各地(?)で講演(憲法カフェ、ランチで憲法など)を行っています!
また、イベントや集会に参加したり、声明を発表する、書籍を出すなどもしています。
こういった活動は、FacebookTwitterでも発信しています  ご注目ください!
なお、お問い合わせは、peaceloving.lawyer@gmail.comまで!

最近の記事


今後のスケジュール

2016年6月26日日曜日

「憲法カフェ」トーク! 中島京子さん(直木賞作家)×太田啓子弁護士 対談の動画ありま~す☆



 直木賞作家の中島京子さんと、あすわかの太田啓子弁護士が
「選挙前に知っておきたい改憲のこと」をテーマに、憲法カフェで
トークイベントを開催しました。
 その動画がYou Tubeで公開されていますので、ぜひご覧下さい!


(前半)
http://www.magazine9.jp/article/taidan/28539/ 


(後半)
http://www.magazine9.jp/article/taidan/28650/




 政府も自民党も、必死に黙りつづけ、避けつづけていますが、
この選挙のテーマは、「自民党率いる“改憲したい派”
が、憲法改正に必要な議席を確保するか」
どうかです。




 改憲を目指していることを、普段は明言していても、いざ選挙となると
だんまりを決め込む。
 一体なぜ?
 都合が悪いからかな…
 どんな改憲を目指しているか知られたくないのかな…
って思ってしまいますね。


 自民党の改憲草案は、憲法を「権力を縛る法」ではなく、「国民を
国家のコマとして縛る法」に変えてしまうものです。
 自民党が目指しているのは、大げさではなく、国家体制そのものを
変える、革命に近い改憲です。


 ぜひ、この選挙をきっかけに、憲法に触れてみて下さい。

あすわか選挙フライヤー好評です☆~ネットプリント予約番号の変更のお知らせ~






 GO VOTE!


 選挙です。
 どんなに政治に関心がなくても、政治はいやおうなしに生活を、
人生を、揺らします。 
 国民の平穏で豊かな生活のことだけを考えてすべてを委ね
られるヒーローが政治をしてくれたらラクなのに…なんて思っても、
ざんねーん。そんなヒーローはいないのです。
 私たちの社会は、私たちが治める。
 私たちの生活をより豊かなものに、より平和なものにしていくため
には、私たち自身がしっかり政治に関わっていくしかないのです。


 その一票が、どれだけ強いパワーか!


 
 あすわかの選挙フライヤー、好評です☆
 全国のセブンイレブンのコピー機からプリントできます!


 そのネットプリント予約番号が変更になりました。




第1弾 ブラック企業規制編
  ネットプリント予約番号 Y2GBTE94







第2弾 保育園を増やそう編
  ネットプリント予約番号 SCR8E9JS







第3弾 奨学金という名の借金おかしい編
  ネットプリント予約番号  HCNK5F8U







 この番号は、7月3日まで使えます!




 街頭宣伝でバラまくもよし、お友達や家族に手渡してもよし!
 さまざまな形でご利用下さい♫

2016年6月22日水曜日

6月26日 憲法カフェin 神保町・一橋画廊のお知らせ☆




 21日、日本記者クラブでの党首討論会で、安倍首相は
憲法改正について
「条文をどのように変えていくのかを決めるのは選挙ではなくて
国民投票だ。(国会の)憲法審査会で逐条的な議論を静かに
冷静に行い、集約していく。それを国民投票で問うべきだ」
 と述べました。


 …冷静沈着な発言だ、とか思いますか?


 首相自身、年頭の記者会見では参院選で憲法改正を広く
議論していきたいと発言していて、3月の国会答弁では憲法
改正を「在任中に成し遂げたい」と明言しています。
 自民党の改憲草案を幾度となく答弁で紹介していて、憲法
改正という悲願の達成を目指して邁進していることは明らかです。
「憲法で権力を縛る」という思想を捨て、人権保障という発想も
捨てる草案を、堂々と掲げているのです。


 だけど…結局、いざ選挙となると、隠したいようです。


 国民投票だ国民投票だ繰り返していますが、憲法改正しようと
思ったらその前段階として国会の発議があるわけで、「国民が
決めることです」とまるで政府はノータッチかのようなことは言わ
ないでもらいたいものです。
 冷静に「憲法審査会で議論を」とも述べていますが、その憲法
審査会をまるで開かなかったのはどなたでしょう…?


 どうも、選挙までは、憲法について国民に「ヤバい憲法に変え
ようとしているらしい」とバレることを恐れているのでは、と思わ
ずにはいられません。


 首相の本心に気づいていない有権者はまだまだたくさんいます。
ニュース記事をFBでシェアしたりリツイートしたりするだけでも
意味あるアクションです。
 投票までにすべての有権者が憲法に触れてくれますように。


さてっ、前置きが長くなりました。
 6月26日、武井由起子弁護士が一橋画廊で憲法カフェを開きます。
意見広告展「そうだ、選挙に行こう!~18才 投票始めました」での
イベントです☆
 




*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.




憲法カフェin神保町・一ッ橋画廊




日時: 6月26日(日)14時~17時




場所: 日本教育会館1階一ッ橋画廊
  (千代田区一ッ橋2-6-2神保町駅A1出口から徒歩5分)


スペシャルゲスト: Tns-SOWLそらさん




講師:武井由起子弁護士
  (明日の自由を守る若手弁護士の会)





* 予約不要、参加費無料




*先着30名程度につき、憲法にちなんだミニスイーツやフードも
 ご用意予定です。




問合せ先: 周香織070-6657-6765



6月25日 憲法カフェ×『不思議なクニの憲法』☆





 竪十萌子弁護士も出演する話題のドキュメンタリー映画
『不思議なクニの憲法』の鑑賞会です。
 なんと、鑑賞した後に、武井由起子弁護士の憲法カフェが
ついてくるという充実っぷり!


 憲法ビギナーの方にも分かりやすい(むしろ憲法ビギナーの
方にこそ来て欲しい)イベントです。
 ぜひぜひお気軽にご参加下さい(^^)/


 フェイスブックのイベントページはこちら↓
 https://www.facebook.com/events/1046811872060847/



。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *


K-DECセミナー
 「憲法カフェ・武井由起子さんと観て

        考える『不思議なクニの憲法』」



日時:6月25日(土)10時~17時
   (昼食は持参)
    9:30開場





場所: アートスクエア木月 
    東横線元住吉駅西口下車3分
       (川崎市中原区木月1-8-4)




講師:武井由起子さん
  (弁護士/
明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)




ワークショップ担当:風巻浩
  (かながわ開発教育センター(K-DEC理事)




定員:40名




<タイムテーブル>
 10:00~10:20 チェックイン
 10:20~12:30 映画上映『不思議なクニの憲法』
 12:30~13:30 ランチ(ご持参下さい)
 13:30~15:00 武井由起子さんのお話「みんなちがってみんないいが憲法の基本」
 15:00~15:30 ティータイム
  (紅茶はお出ししますので、よろしければ、お菓子をお持ち下さい。)
 15:30~16:30 憲法カフェ「自分たちに出来ることは?」
 16:30~17:00 リフレクションタイム




<参加方法>
※会場が狭いので先着順とさせていただきます。


 担当(風巻)まで、メールをいただくか
 (nextasia@gmail.com
 「こくちーず」
http://www.kokuchpro.com/event/bca22a51566dbf3a1301345d4f1afb0c/)で
参加希望をして下さい。
(google等で、「こくちーず」「不思議なクニの憲法」で検索して下さい。)




料金:一般1,500円 
  高校生(およびその年齢の方)以下は無料。
  (参加申込みは中高生もお願いします。)  





※保育ママ・パパに優しい会です。保育スタッフはつきませんが、
 小さなお子様をお連れの方も歓迎いたします。
 会場外のスペースにもモニターを置きますので、映画上映中に
 お子様が泣き出したりした時は、そちらをお使い下さい。
 また、おむつ換えのベッドを用意します。お子様が小さくて映画だけ
を鑑賞してお帰りになりたいということでも構いません。
 申込みの際に、その旨をお伝えください。




主催:かながわ開発教育センター(K-DEC)  




連絡先:090-3093-2395(風巻)

6月26日 憲法カフェ@青森県母親大会(八戸市)のお知らせ☆



 いよいよ参院選公示ですね。
 残念ながら、政府に「遠慮」してなのか、なかなか憲法に焦点を
当てた報道が見当たりません。
 ただただTVを聞き流しているだけだと、この選挙の真の争点
「憲法改正に必要な3分の2の議席を確保できるかどうか」 が
見えてこないような気がします。
 それにお気づきの皆さま、ぜひ、ご家族やお友達に、憲法のこと、
話してみてくださいね。あすわかの選挙フライヤーをプリントして、
さりげなくテーブルの上に置いておくだけでも大きな一歩ですよ!


 あすわか選挙フライヤー↓
 http://www.asuno-jiyuu.com/2016/06/blog-post_30.html


 
 さて、6月26日に,八戸市で憲法カフェが開催されます!



☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆




 第60回青森県母親大会 兼 第49回三八母親大会
 第8分科会 平和と民主主義の問題 ~ 憲法カフェ
 憲法をみんなで学ぼう・語り合おう



日時: 2016年6月26日(日)
    10時~12時


 ちなみに13時~15時30分 全体会の講演会
(講師: 池田恵理子さん)が開催されます。




場所:八戸市立湊中学校
  http://www.hachinohe.ed.jp/minato_j/index.html




講師: 花生 耕子(はなおい こうこ)弁護士
  (明日の自由を守る若手弁護士の会)





参加費: 700円(資料代)




持ち物: 内履き




問い合わせ:三八母親大会実行委員会事務局
  TEL:45-2135
  FAX:20-0965

2016年6月21日火曜日

リーフレット発送一時待機のお願い

当会が発行しておりますA4版4つ折りパンフレット3種類の発送についてお知らせいたします。

参議院議員選挙の公示日が明日6月22日とのことです。



これに伴い、パンフレットの発送を、一時的にお待ちいただきたいと思います。
本日以降にいただいたご注文につきましては、発送が7月11日(月)以降となります。
突然のご連絡で申し訳ございません。

パンフレットは、1部15円(10部以上、500部以上のご注文で500円割引)で配布しております。
ご注文の際は、
https://mailform.mface.jp/frms/asunojiyuu/eym0hlerovxw
からご注文下さい。

 みなさまのご理解をお願いいたします。

2016年6月20日月曜日

そして3つ目! あすわかの選挙フライヤー「選挙に行ってこう変えよう」第3弾☆奨学金という名の借金おかしい編~





 すごーく…よく分かんなかったですっ(-_-)

 19日のNHK「日曜討論」で、安倍首相は憲法改正を目指すことに
ついて問われると、
 「どの条文を改正するか収斂(しゅうれん)していない。選挙で争点
にするには至っていない」
 と話したそうです。
 でも、改正発議に必要な3分の2以上の議席を自公で確保している
衆院に加え、参院でも改憲勢力で3分の2以上をめざすのかを問われ
ると、
 「もちろん(3分の2を)構成したい」
 とも言ったのだそうで…




 憲法改正を目指してるの…でしょう?
 ならハッキリそう言ったらいいではありませんか。
 というか、ハッキリ言わないなら「本心(本当の狙い)を隠している」と 
言われても仕方ありません。


 何度でも言います。
今回の選挙の最大にして唯一の勝敗ポイントは、「憲法改正発議のため
に必要な、3分の2の議席を与党勢力に取らせないかどうか」です。




 戦後民主主義の歴史の終わりなのか再生なのか、私たちはどちらの
当事者になるのか。 それは私たち自身にかかっています。


 一人でできることなんて限界があります。あるにきまってます。
 でもなにもできないわけじゃない。
 「自分なりに」行動できることがあります。
 ニュース記事をシェアすることだっていい。
 夫や両親、友達に「この雑誌いいこと書いてあるよ」と話すことだって
すごいアクションです。
 新聞に投書したり、議員にFAXを送ることができたらもう満点。
 その「不断の努力」が10人分集まったらどうなるか。
 20人分集まったらどうなるか。
 想像するだけで勇気が出ます。
 自分のデモクラシーを編みましょう。500名のあすわか弁護士も、
皆さんに負けじとがんばります。




 さて、前置きが長くなりました!
 あすわか選挙フライヤー第3弾!
 どうぞご利用ください☆




 主権者が投票して代表を決めるのが代表民主主義の骨ですので、
国民の皆さまが「そっか、じゃあ投票に行こう!」と思ってくれるような
きっかけを作りたいな、と思い…
 このたび、「選挙に行ってこう変えよう」フライヤーを作成いたしました!
  (記事の最後の方にネットプリントの予約番号があります☆)




 (一部ご紹介)
  「立憲主義が壊されはじめている…これ、近代国家やめますっていう
くらいの、ヤバい状況。
 黙って見ているしかない?
 黙って従うしかない?いいえ、ちがいます…(続く)」




 なかなか投票率の上がらない若者層に訴えたく、立憲主義を取り戻そう
というあすわかの呼びかけのみならず、特に若い方々にとっての切実な
問題を取り上げました。


  第3弾は、「北海道学費と奨学金を考える会」そして当会会員でもある
橋本祐樹弁護士が「奨学金」問題を解説。
 借金として経済的・精神的に重くのしかかる「奨学金」制度を、真に学生
さんをアシストする制度に変えることができるかどうかも、私たちの投票
次第なんだよー、というメッセージを載せました。




 (一部ご紹介)
  「…米国大統領選挙では、奨学金問題が争点の一つです。
 若い人が奨学金問題の政策をみて投票するからです。
 日本でも、もっと多くの人々が奨学金について声を上げれば、
 制度を変えられるはずです!」






 また、裏面は【必殺 投票術】と題して、期日前投票や不在者投票、
比例代表の投票の仕方などなど、投票のキホンを書きました。
 意外と知らない人も多いので、「それはとてもソンなことです~~」と
お知らせすることにしました。




 




 <全国のセブンイレブンのコピー機で
                 プリントできます☆>


 マルチコピー機のタッチパネルで
「ネットプリント」を選択して、
 プリント予約番号を入力すれば、あら簡単!
 フライヤーがプリントできます~~




ファイル名:
  「あすわか選挙フライヤー第3弾 
          奨学金という名の借金おかしい編」




プリント予約番号: RPDU7SUK



 18歳から投票できる社会になります。
 自分も(というか自分こそが)国の政治を動かす一員なんだ、という意識を、
すべての有権者が持ってくれたら、必ず政治は変わります。
 脱・おまかせ民主主義!



 ぜひ、様々な機会にご利用ください!


  街頭宣伝で配ってもよし、身近な若者に手渡すのもよし!